日本の有名人で自分がアスペルガー症候群であることを
公表している方がいます。

アスペルガーは生まれつきの障害で、広汎性発達障害の一つです。

社会性に関する領域の発達障害でコミュケーションの取り方や、
物事に対する興味の持ち方、行動・活動の特異性があります。


スポンサードリンク




集中力とこだわりを特定の分野で、一般の人には及ばないレベルの
知識・集中力・こだわりを発揮するので、そこの部分を活かす事が
できれば強大なエネルギーを発揮します。

 

アスペルガー症候群は、遺伝的な原因で発生する、発達障害の一つです。

以下の特徴が典型的な事例です。

・自己中心的な発言が多い(空気を読む発言ができない)
・周囲の意見を聞かない(自分を中心に発言してしまう)
・自分が興味を示すことしかやらない(自分中心にまわりまわっていく)
・比喩表現などの言葉の裏の意味を読み取れない(洞察力への鋭さが鈍い)

 

■アスペルガー症候群を公表した有名人

 

・スーザン・ボイル

 

英国のオーディション番組で一躍世界的スター歌手になった
スーザン・ボイルは、3年前にアスペルガー症候群と診断されたと告白した。

幼少時に脳にダメージがあると診断されたものの、自身の症状は
もっと深刻ではないかとの疑問があり、スコットランドの専門医を
受診したらアスペルガー症候群と診断されたみたいです。



参照:高畑裕太は発達障害やアスペルガーの兆候がある?


参照:高橋みなみは絵が上手いからサヴァン症候群?

参照:sekai no owari深瀬慧の発達障害ADHDや過去病気の真相は?

参照:三中元克は発達障害?


■学習障害を公表した有名人

 

・トム・クルーズ

字が読めない病気「失読症、難読症(ディスレクシア)」であることを
トム・クルーズは公表しました。

この病気は、「字が読めない」症状で、普通の子供の10倍以上の
時間をかけて1語を理解するのが特徴です。

 

トム・クルーズは、この病気に悩まされて12 年で15の学校を渡り歩き、
補修クラスに入れられていたそうです。

そこで集中力を高め、なんとか文章を読めるようにと
懸命に努力を重ねてきたそうです。

 

文字が読めませんが、台本のセリフをテープに
吹き込んでもらって音で覚えているそうです。

※失読症とは、学習障害の一種で、知的能力及び一般的な理解能力などに
特に異常がないにもかかわらず、文字の読み書き学習に著しい困難を抱える障害です。

 

黒柳徹子

 

著書「小さいときから考えてきたこと」に、自身が「計算障害・読書障害」で
あった可能性があると記されています。

授業中に樹にとまっている鳥に話しかけて、授業にならないとか、
国旗を描かせたら、画用紙をはみ出して描いてしまうとか、
典型的な発達障害の特徴と言えます。

 


スポンサードリンク




 

・スティーブン・スピルバーグ

 

映画『E.T.』『シンドラーのリスト』の監督であるスティーヴン・スピルバーグは、
学習障害の一つであるディスレクシア(難読症、読字障害)と診断された事を告白している。

彼が子どもだった1950年代は、まだ学習障害についての理解がされていませんでした。
その為、周囲の理解は難しいものがあり苦労を重ねたらしいです。
読字障害があった為に、学校を同級生に比べて2年遅れで卒業しました。

読字障害と言うものは、読んで字のごとく文字を読めなかったり、
読めても意味を理解できない障害です。

 

文字の形や構成を正しく認識することの困難な障害なので、
文字がかすれる、動いて見える、読んでいると途中から行が移動してしまう
と言った症状がみられるのです、

また、読字障害は別名ディスレクシアとも呼ばれます。

 

以下の様な症状があります。

・読みはじめがわからない。
・文字は読めても意味が分からない
・内容が理解できていない
・読むのが遅い

 

・途中でどの行を読んでいるのかわからなくなり、飛ばし読みしてしまう
・一字ずつ拾い読みをする
・単語の中の文字を取り違えたり、反対から読んでしまう

・同じ漢字でも、違う読み方をする漢字が苦手
・辞書を使うのが苦手
・聞いた通りに書けない

 

そうした事から、学校では周囲から遅れをとって苦労したので、
学校が好きではなかった様です。

参照:アスペルガー症候群の大人の付き合い方

参照:アスペルガー症候群の子供のチェックリスト

参照:アスペルガー症候群の子供の対応方法

参照:アスペルガー症候群の女性の特徴と診断方法

参照:アスペルガー症候群の子供への接し方について

 

・栗原類


参照:栗原類のADDは、どんな病気?

モデル、タレントとして人気の栗原類は。「あさイチ」(NHK)で
ADHDの一つADD(注意欠陥障害)をアメリカに住んでいた8歳の時に
注意欠陥障害(ADD)の診断を受けていた告白しました。

実際に栗原は以下の様な症状があった様です。

・授業前に水に飲まないと教室に入れない
・家を出る時間はぴったりじゃないと気が済まない
・冷蔵庫のものの位置が少し違うだけで気持ち悪いと感じる

 

強いこだわりがそれぞれに感じられますね。

ADHDは診断されずに、周りの理解がされないと、彼らが思春期以降、
うつ病などの二次障害や合併症が起こるケースも多いです。

 

ADDは以下の特徴があります。

・じっとしていることができない
・順番を待つことができない
・注意力が散漫で長続きしない


スポンサードリンク





ADHD診断について参考になるサイト

 

■ADHDを公表した有名人

 

・勝間和代

 

経済評論家兼公認会計士として、デキる女のイメージの勝間和代は、
ご自身の症状が典型的なADHDだと告白しています。

なんでも忘れてしまう、無くしてしまうらしく、自身で障害の特徴を認識しており、
周りの人に自分はこういう特徴ですと最初から話してしまうそうです。

 

参照:アスペルガー症候群の子供は習い事は何が良い?

参照:アスペルガー症候群の無料診断チェックテスト

参照:アスペルガー症候群の治療法

参照:アスペルガー症候群は顔に特徴が出る?

参照:アスペルガー症候群の診断を受けるメリット・デメリット

 

・SEKAI NO OWARI 深瀬



深瀬は、ADHDという学習障害もあった事を告白しています。

それらは先天的なものだったらしく。小さい頃からパニックに
なりやすい性質があったそうです。
自分に残ったのは音楽だけだったと話されています。

深瀬慧の幼馴染である現メンバーが集まり、SEKAI NO OWARIが
結成されてメジャーになった分、相当なプレッシャーもあるみたいですが
20年間苦しんだことが糧になっていて今がある様です。

 

音楽をやっていられないなら、人生における意味がない。
とまで情熱大陸でも語っておられました。

参照:木村拓哉の子供はダウン症障害や自閉症ではない?

参照:山口達也はアスペルガー症候群ではなかった?

参照:イチローはアスペルガー症候群ではない?

参照:島崎遥香はアスペルガー?

参照:芸能人の自閉症まとめ

武田双雲氏



書道家・武田双雲氏は、自身のブログで「たぶん僕もADHD」と、
発達障害の可能性があることを告白しています。

恐らくと表現されているので確定的ではありませんが、
本人曰く濃厚との事です。

学生の時、椅子を作る授業があり、武田氏だけが完成せず、
全く椅子にならなかったり

裁縫が全然できない、
何度頑張っても三角おにぎりもできない
箸もきちんと握れない
黒板の文字がすぐにゲシュタルト崩壊していく
授業が次の科目に移ってる事が分からず迷走する

これらの過去の苦い経験があった様です。

これらはADHDによくありがちな症状です。

 

■自閉症を公表した有名人

 

・市川拓司

 

作家の市川拓司は、自ら発達障害であることを公表しています。
彼のブログには、症状や体調について細かく書いてあります。

市川は集中力や落ち着きがなくて先生から扱いづらい生徒だと思われいました。
また、変わった子供に見られていたので中学生の時には「宇宙人」とも言われていたそうです。

大人になってからはその特性を小説作りに生かし、作品の登場人物や
世界観に反映されています。

市川の作品には、まるで自閉症のような特徴を持つ主人公が
出てくるものが多くあります。

参照:自閉症の遺伝確率!

参照:アスペルガー症候群の子供の診断テスト

参照:ジミー大西は発達障害?



スポンサードリンク





■歴史上の人物にもいた?

 

・織田信長



織田信長がアスペルガー症候群だったのではないかとの説があります。

父・信秀によって厳しい英才教育のため寺に放り込まれて修行させられました。

しかし、坊主の教義に耳を傾けるような従順な子供ではなかったそうです。

 

自分の衝動を抑えることが出来ない問題児だっと記録に残されています。

信長は、自分の衝動をコントロールすることができなかったそうです。
これは、アスペルガーの子供に見られる症状です。


いずれにせよ独特な感性やひらめきを発揮して、異常なほどの行動力に
長けていたことは間違いありません。

アスペルガー症候群の方は、ある特定の分野でずば抜けた
能力を発揮することがあるので、もしかしたらアスペルガーの
可能性はあるのかもしれません。

 

でも、織田信長の時代は現代様に恵まれた医療環境が整っていない時代です。
残された歴史上の資料から、それに思い当る言動や行動が可能性としてあるだけです。

 

・レオナルド・ダ・ビンチ



芸術家であり学者でもあったレオナルド・ダ・ビンチは、アスペルガー症候群
だったのではないかとの説があります。

これは、彼の残した手帳のメモ書きから芸術や学問に対する
緻密過ぎる執念がそうではないかと憶測を生んだそうです。

 

具体的には、絵画、彫刻にとどまらず、音楽、科学、数学、
工学、発明、解剖学、地学、地誌学、植物学までを網羅していました。

これだけの分野を万能に網羅するのは半端ないですね。

 

この頃の日本は戦国時代でありましたが、レオナルド・ダ・ビンチの
頭の中には潜水艦、自動車、計算機、機関銃、ヘリコプターなどの
設計図を描いていたそうです。

 

こうした超優れた才能を持っている人は、
アスペルガーである事が多いのです。


未公表で噂される有名人


長嶋茂雄



巨人軍の終身名誉監督である長嶋茂雄さんは、ADHD・注意欠陥多動性障害では
ないかとの説が出ています。

その理由として、落ち着きがない、言い間違いが多い、話し始まったら止まらない、
天真爛漫などが挙げられます。

巨人の監督を務めた時のエピソードで発達障害に該当する様な面があります。

・選手の名前をよく間違える。
・自分の名前や娘の名前を間違えることもある
・幼い息子一茂さんを球場に連れて行き・試合終了後に置き忘れる
・バッティング練習で満足してしまい・試合を忘れて入浴をしてしまう
・試合後「車の鍵がない」と大騒ぎになり、「ごめん。今日は、電車で来たんだ」
・クリーニング屋で背広を大人買いしようとした

1つのことに集中するあまり他のことが頭から吹っ飛び、
気付いたら自分が前まで行動していた記憶がないのが発達障害の特徴です。

 

■有名人が自ら障害である事を告白する理由

 

なぜ有名人がアスペルガーなどの障害を告白するのかと言うと
カミングアウトする事によって、世間の見る目は変わるからでしょう。

 

良い面もあればリスクを伴う面もありますが、それ以上に
発達障害を持つ子供たちへのメッセージ性があるのでしょう。

障害を抱えている子供達へ、思っているよりも、一般的なことだと
理解してほしいと訴えかけていきたい狙いがあると考えます。


現在は対応の方法はいくらでもあるし、障害と言うものを抱えて
人生が不利になる事はないとのプラス思考を持たせて希望を
持たせてあげたいのだと思います。

 

参照:ガクトは発達障害?

参照:愛子様は自閉症?

現に有名人となって活躍している方が、公表に踏み込む事で
説得力が出る事でしょう。

 

障害があっても才能を活かして輝いた人生を送れることを
教えてあげる事で人生を諦めない勇気を与えている事と思います。

障害があっても自身が熱中できるものを見つけることで、
世界に大きな影響を与えることができる可能性を秘めているのです。