てんかんとは、病気や脳の損傷など、さまざまな原因によって
失神やけいれんといった発作を繰り返す、慢性の脳の疾患です。

脳の中では、微量の電気が流れ、それによって人間の体は動いています。

 

その電流が異常に流れることで、体の制御ができなくなります。

脳の電気嵐と説明されることが多いです。


スポンサードリンク




てんかんの発病率は、人口の0.5~1%と言われています。

 

だいたい、100人に1人がてんかんを抱えている計算になります。

発症年齢は、3歳以下が一番多く、次いで18歳未満、
特に思春期に多いといわれています。


 
最近では高齢化に伴い、脳血管障害を起こした高齢者の発症も増えています。

 
てんかんを抱えている人が発作を起こし、目の前で倒れ全身を
大きくガクガクとけいれんさせている状態を見ると、
どうしていいかわからず、パニックになってしまうことと思います。

 

目の前の人が発作を起こしているときにまずすべきことは、
救助する自分が冷静になることです。


てんかん発作を起こしている人がいたら、
まずはその人の状態をしっかりと観察しましょう。

 

けいれんが体の一部に出ているだけで、全身に広がっていかないときは、
倒れている人の身の安全を確保し、そのまま静かに様子を見ましょう。

けいれん中に周囲にあるものに体をぶつけ、
けがをしてしまわないよう、危険物は取り除きましょう。

 

全身がけいれんを起こしている状態でも、たいていは1分~数分で
発作がおさまり、10~20分後には意識が回復することが多いので、
そのまま様子を見ましょう。

倒れている場所が危険な場所(階段や道路など)であれば、
安全な場所に移動させ、呼吸しやすいよう衣服を緩めます。

 

発作が続いている時間を測り、けいれんの様子をしっかり観察してください。

以下に、対応方法をまとめます。
 

【てんかん発作の対処法】

 

★発作時

 
・けいれんの最中は、名前を呼んだり、たたいたり、抱きしめたり、
揺さぶったりしないようにしましょう。そっとしておくことが大事です。
 
・けいれんの最中に、患者の口の中に指や物を入れないでください。
 
「舌をかまないように」と、手や物を入れることは絶対にやめてください。
 
歯が折れたり、口の中をけがしてしまったり、窒息してしまう可能性があります。

また、指をかまれてしまうこともあります。舌をかまないようにするには、
患者の下あごをしたから軽く押し上げましょう。


スポンサードリンク





 
・意識のないまま動いてしまう(自動症)ときは、危険がないよう見守ってください。
 
無理に抑え込もうとすると、抵抗して暴れることがあります。
 

★発作後

 
・吐いた時に気管に嘔吐物が詰まらないように、寝かせた状態で顔を横に向けましょう。
 
・発作後、朦朧状態で動いてしまうこともあります。その時は、物にぶつかったり、
危険な物に触ってしまわないよう、軽く寄り添って保護してください。
 
無理に押さえつけようとすると、思わぬ抵抗にあうことがあります。
 
・発作後、脳は過剰な活動の疲れをとるため、眠りにつくことがあります。
 
発作後に眠ってしまったときは、そのまま寝かせてください。
 

★入浴時

 

・湯船の中で発作を起こしたときは、お湯から顔をあげ、呼吸を確保します。
 
・うまく顔が上がらないときは、浴槽の栓を抜き、排水してください。
 
・呼吸が止まっていたり、大量のお湯を飲んでいるときは、
すぐに浴槽の栓を抜き、救急車を呼びましょう。
 

★食事中

 
・食べ物がのどに詰まってしまうことは、あまりありません。
けいれん中に無理に口の中のものを出さなくても大丈夫です。
 
・食事中の発作で、熱いものに触れてしまわないよう、熱いものは
患者の近くではなく、遠くに置くようにしましょう。
 
熱いものに顔から突っ込んで、やけどをしてしまうこともあります。
 
参照:自閉症と知的障害の特徴

参照:知的障害子供の特徴
 

★けいれんが続くとき

 
・一度けいれんがおさまっても、意識が戻る前に再びけいれんが
始まるときや、けいれんの時間が長いとき(重積状態)は、
すぐに救急車を呼んで病院に向かってください。
 
医師による治療が必要です。

以上が、てんかん発作時の対応です。
 
一番大事なのは、あわてず騒がず、冷静に発作を観察することです。

発作を観察し、医師に詳しく発作時の状況を伝えることで、
治療も適切に進めることができます。