てんかんとは、病気や脳の損傷によっておこる、慢性の脳の疾患です。

脳の中を流れる微量の電気信号が乱れ、大脳ニューロンの活動が
異常になり、失神やけいれんなどの発作を繰り返します。

 

てんかんの発症率は、人口の0.5~1%と言われています。


スポンサードリンク




だいたい100人に1人がてんかんを抱えている計算です。

 

発症時期は、全体の7割が子供で、3歳以下の発症が一番多く、
その次が18歳ころまでの思春期に多いとされています。

また、最近では高齢化に伴い、
脳血管障害を起こした高齢者にも多く発症しています。

 

てんかんには、病気や脳の損傷が原因と断定できる「症候性」のもの、
原因不明で脳の体質によると考えられる「特発性」のもの、
はっきりと原因はわからないが、何らかの病気や脳の損傷が
疑われる「潜因性」のものがあります。

 

てんかん発作の原因となるものは様々ですが、
発作のきっかけとなるもの(誘因)は、いくつか挙げられます。

 

【てんかん発作の誘因】

 

・発熱や入浴

 

特に小児の誘因として多いです。

小児の脳は未熟なため、発熱でけいれんを起こしやすいと考えられています。

風邪の発熱のため服用した風邪薬で発作を誘発することもあります。
乳児重症ミオクロニーてんかん(ドラベ症候群)では、
お風呂に入って少し体温が上がるだけでも、発作を誘発することがあります。

・下痢や嘔吐


嘔吐でてんかんの薬が飲めなかったり、てんかんの薬を服用しても
下痢のために吸収が妨げられ、抗てんかん薬の血中濃度が下がり、
発作が起きやすくなります。

・睡眠不足、睡眠と覚醒のリズム


睡眠不足や睡眠と覚醒のリズムが乱れることが誘因となることもあります。

遅くまで起きていたり、徹夜をした翌日に発作が起こることが多いです。

眠気が発作を起こしやすくするともいわれています。

また、抗てんかん薬の副作用による眠気により、
てんかん発作が多くなることもあります。

ただし、たくさん眠れば解決するというわけではなく、
質の良い睡眠を心がけることが大事です。

・精神的緊張やストレス、疲労


緊張や不安、怒りなどの感情の変化やストレスが、
発作を誘発することがあります。


スポンサードリンク




疲れているときにも、発作が増えます。

緊張から解放され、眠気が起こるために発作が誘発されると考えられています。

・テレビやテレビゲーム


テレビを長時間見続けたり、ゲームを長時間続けたことによる疲労や、
緊張と緩和の繰り返しが原因と考えられています。

・薬剤


抗てんかん薬の急激な中止などによって、発作が誘発されます。

薬を処方されている間は、飲み忘れに十分気をつけましょう。

また、薬の飲み合わせや、食べ物との相互作用によって、
発作が誘発されることもあります。

・反射てんかん


光(強い光、点滅する光、木漏れ日や水面の光の反射などチラチラする光)
や図形(チェック模様など)といった視覚的な刺激、音(扉がバタンと閉まる音、
不意の大きい物音や声掛けなど)の聴覚的刺激、身体への接触などによって、
てんかん発作が誘発されます。

 

まぶたの開け閉め、体幹や手足の運動といった、
特定の運動によって発作が誘発されることもあります。

また、読書や計算によって発作が誘発されることもあります。
以上は、大人にも子供にも共通する誘因です。

 

大人のてんかん発作の誘因としては、次のようなものが挙げられます。

参照:自閉症の遺伝確率!

参照:重度の自閉症とは?

参照:自閉症芸能人まとめ

・飲酒


適度な飲酒はさほど影響しないといわれていますが、
過度の飲酒ではてんかん発作が誘発されます。

・月経


女性の場合、ホルモンバランスの変化度から、
月経周期に関連して発作が増えることがあります。
てんかん発作の誘因には、様々なものがあります。

 

しかし、基本的には「体調が悪い」とか「ストレスがかかっている」状態が、
誘因となることが多いです。

 

働いていたり、学校生活が忙しかったりすると難しいかもしれませんが、
規則正しい生活を心がけ、十分な睡眠・休息をとり、できるだけ
ストレスが少ない生活を送るようにしましょう。