知的障害とは、発達期(おおむね18歳ころ)までに現れる、
知的な能力の遅れのことをいいます。

 

知的な能力の発達が、年齢の平均よりも明らかに遅れ、
とどまっている状態です。

金銭管理や身辺自立などの日常生活への支障や、
読み書き・計算などの学習面において支障が出ます。

 


スポンサードリンク




知的障害は、その重症度により、4つに分けられています。
 

【知的障害の区分】

 
・IQ50~69…軽度知的障害
・IQ35~49…中度知的障害
・IQ20~34…重度知的障害
・IO20未満…最重度知的障害


 
※IQ70~80(あるいは85)がボーダー、
IQ80(あるいは85)以上が正常とされています。


 
全人口の1~3%が知的障害を抱えているといわれています。

知的障害者の8割は、軽度知的障害で、
残りの2割が中度から最重度の知的障害です。

 

知的障害者の半数は、健常の両親のもとに生まれているといわれ、
親族に知的障害者がいない場合、55%以上が遺伝子の突然変異が
原因で知的障害が引き起こされると考えられています。

 

知的障害の8割が原因不明であり、残りの2割に関しては、
様々な要因が考えられています。

知的障害の要因として考えられることは、以下の通りです。

 

【知的障害の要因】

 
①生理的要因
 

体には異常は見られず、脳の発達が遅く知能が低くなります。

知的障害を持つ親からの遺伝と考えられる場合もあります。

遺伝子の突然変異が原因の大半を占めます。

知的障害の重症度は、ボーダーラインから中度になることが多いです。

 
②病理的要因
 
脳に何らかの病気や損傷があり、知能の発達が妨げられると考えられています。

 
ダウン症などの染色体の異常、先天性の代謝異常や脳の奇形などの先天性疾患、
てんかん、周産期の重症の黄疸、出産時の医療事故、出産時の脳の圧迫や酸素不足、
胎児期の母親の風疹や梅毒への感染、胎児期の母体外からの物質による中毒、
乳幼児期の感染症などが関係しているといわれています。

 


スポンサードリンク




この場合、知的障害の重症度は、中度から最重度になるといわれています。
 
③心理的・環境的要因
 
会話の不足など、知能が刺激されないような状況、知能の発達に
不適切な環境に置かれていたことが原因となります。

周囲からの適切な刺激がないと、知能は発達しません。
 
この場合、リハビリでIQが改善することがあります。
以上のうち、妊娠前あるいは妊娠中に起こる原因は、以下の通りです。
 

【妊娠前・妊娠時の原因】

 
・親が遺伝性疾患を抱えている
(フェニルケトン尿症、テイ・サックス病、甲状腺機能低下症、脆弱X症候群など)

・染色体の異常

 

【妊娠中の原因】

 
・母体の重度の低栄養

・母体の感染症:ヒト免疫不全ウイルス(HIV)、サイトメガロウイルス、
単純ヘルペスウイルス、トキソプラズマ、風疹ウイルスへの感染
 
・アルコール、たばこ、鉛など
・服用した薬
・胎児の脳の異常発達
・妊娠高血圧腎症
・多胎妊娠
 
知的障害を引き起こす要因のほとんどは原因不明で、
すべてが妊娠中にあるわけではありません。

しかし、中には感染症など、防げるものもあります。


 
遺伝性疾患に関しては、現在では「遺伝外来」や「遺伝カウンセリング」
を行っている病院もあります。

そういったところで、しっかりと話を聞き、
正しい知識を身につけることも必要でしょう。


 
低栄養に関しては、バランスの良い食事を心がけることで防げますし、
風疹は妊娠を希望するときに予防接種を受けることも可能です。


また、それ以外のウイルスに関しても、外出時にはマスクをしたり、
うがい手洗いをしっかりして感染を予防することが可能です。


 
感染症予防は、母親だけでなく、父親の協力も必要です。

アルコールやたばこは、妊娠中・授乳中はやめましょう。


 
また、服薬に関しても、必要最低限とし、
服薬の必要があるときには医師に相談しましょう。

日常生活の中で、少し気を付けるだけで防げることもあります。


 
必要以上に気にすることはありませんが、健康に過ごすことを心がけましょう。