知的障害とは、知的な発達が明らかに年齢の平均よりも遅れたり、
とどまったりしている状態です。

 
その状態が、発達期(おおむね18歳ころ)までに現れ、日常生活や
学習面において、支障がある状態をいいます。

具体的にいうと、身の回りのことを自分でできなかったり、
金銭管理や読み書き、計算など、日常生活における動作や、
学校生活で頭を使う知的行動に支障があります。

 


スポンサードリンク




知的障害と一口に言っても、程度は様々で、4つの重症度に分けられています。
 

【知的障害の重症度】

 
・IQ50~69…軽度知的障害
・IQ35~49…中度知的障害
・IQ20~34…重度知的障害
・IQ20未満…最重度知的障害

 
※IQ80(もしくは85)以上が健常者、IQ70~80
(もしくは85)がボーダーとされています。


 
知的障害のうち、8割は軽度知的障害に当たるとされています。

残りの2割が、中度~最重度の知的障害です。

 

知的障害のうち、8割は原因が不明で、残りの2割は染色体の異常、
出産時のトラブル、胎児期・乳幼児期の感染症、てんかん、頭部外傷、
先天性の病気などが原因で起こると考えられています。

 

この2割に当たる知的障害の場合、
中度~最重度の知的障害となることが多いとも言われています。

軽度知的障害や、中度知的障害の場合、比較的社会参加が可能であったり、
自宅で過ごすことが可能な場合が多いです。

 

しかし、中度でも問題行動がある場合や、重度・最重度となると、
なかなか自宅で介護することが難しい場合もあります。

その場合、知的障害者の入所施設を利用することも考えなければなりません。

 

では、知的障害者の入所施設には、どのようなものがあるのでしょうか?

順番に、見ていきましょう。

 

【子ども(18歳未満)の場合】

 
障害児入所施設や障害児入所支援というものがあります。

これらの施設では、知的障害のある子供を入所させ、
保護し、日常生活の指導や、将来自立するにあたって
必要な知識や技能を身につける訓練をします。

 


スポンサードリンク




入所施設には、福祉サービスのみの「福祉型」と、福祉サービスと
医療サービスを受けられる「医療型」があります。

 

【大人(18歳以上)の場合】

 
知的障害者更生施設や知的障害者支援施設、授産施設(入所型)
などを利用することができます。

 

療育手帳の交付を受けている人が対象となりますが、地域によって、
あるいは施設によっては手帳の有無を問わないところもあります。

 

これらの施設では、大人の知的障害者が施設に入所し、
社会適応のための訓練をしたり、規則正しい生活習慣を身につけたり、
身辺自立の支援を受けたり、職業の訓練を受けることができます。

 

自立して地域で生きていけるよう、支援・訓練を受けることができる施設です。

ほかに、グループホーム、ケアホーム、福祉ホームがあります。

 

これらは、比較的知的障害の軽い人向けで、福祉ホームは
就労している15歳以上の知的障害者を対象としています。

また、救護施設という、生活保護法に基づいた施設もあります。

 

こちらは、身体障害や知的障害、精神障害の人、
その他生活保護を受けられる状態にある人が対象となっています。

 
子供の場合でも、大人の場合でも、長期の入所以外に、一時的に
施設に入所する「短期入所」というものもあります。

 

こちらは、家族が一時的に介護できない状態にあるときや、
長期入所に備えて体験入所する場合に利用できます。

以上の施設を利用することができますが、施設の数が少なく、
なかなかすぐには入所することができないのが現状です。

 
費用に関しては、障害区分や世帯の収入によって変わってきます。

また、施設によっても違いますので、一概にいくらとは言えません。

 

世帯の収入としては、「一般所得」「低所得1」「低所得2」「生活保護」
の4つの区分があり、それぞれの収入に見合った額が施設利用料として定められています。
施設では、日常生活の訓練や軽作業などの仕事、自由活動を行うことができ、
健康診断を受けることもできます。

 

本人の生きやすさのために、また、家族の介護負担を減らすためにも、
施設入所という手段もあることを知っておいて損はないでしょう。