知的障害とは、知的な能力の発達が年齢相応でなく、
各年齢の平均よりも明らかに遅れとどまっていることを言います。

 

知的能力の遅滞が発達期(おおむね18歳ころ)までに現れるものの
ことを言い、日常生活や学習面に支障がある状態です。

軽度知的障害とは、知的障害の中でも一番軽い部類で、
知的障害者全体の8割を占めます。

 


スポンサードリンク




誤解されがちですが、障害が軽いからといって、
困りごとが少ないわけではありません。

一見健常者に見えるため、困っているにもかかわらず、
必要な支援が受けられないこともあります。

 

一見、普通に生活できるので、大人になってから知的障害を
抱えていたことが発覚することも、多々あります。
健常者と知的障害者は、以下のように分類されます。
 

【健常者】

 
・IQ80(もしくは85)以上…健常
・IQ70~80(もしくは85)…ボーダー

 

【知的障害者】

 

・IQ50~69…軽度知的障害
・IQ35~49…中度知的障害
・IQ20~34…重度知的障害
・IQ20未満…最重度知的障害


 
軽度知的障害の場合、成人後も、知能は大体小学校5年生か6年生
くらいにとどまると言われています。

難しいことを理解するのが苦手ですが、簡単な金銭管理や読み書き、
計算はできますので、日常生活を普通に送ることが可能です。

 

知的障害は、原因にもよりますが、基本的には治療する手段はありません。

知的障害が引き起こされる原因の8割は、不明であると言われています。

 

残りの2割は、染色体の異常などの先天性のもの、てんかんや
先天性代謝異常などの病気、出産時のトラブル、胎児期・乳幼児期の感染症、
頭部外傷などが原因であると言われています。


 

先天性代謝異常などの病気が原因で引き起こされる
知的障害の場合、早期に病気を発見し、病気自体の
治療を行うことで、知的障害は防げる場合もあります。

しかし、それ以外の原因のもの、あるいは原因不明の
知的障害に関しては基本的に一生治りません。

 

成長と共に、知能が周囲に追いつく場合もありますが、
逆に遅れが広がることもあります。


スポンサードリンク




そればかりは、本人の持って生まれた能力によりますので、一概には言えません。



軽度知的障害の人が、健常者になれるような治療はありませんが、
療育などで社会性やコミュニケーション能力を高め、少しずつ
社会に適応できるように訓練することは可能です。

 

軽度知的障害の場合、知能が平均より低く、
環境への適応が難しいことが多々あります。

そのため、周囲とどうかかわればよいのか、困った時にどうやって
助けを求めればいいのかなど、通常であれば自然と身につけるスキルを、
訓練をして身につける必要があります。

 

訓練によって、本人なりの生きやすさを模索し、
生活における制限を軽くすることは、充分に可能です。

ですから、できるだけ早くハンディキャップを抱えていることを認識し、
色々な体験をさせ、本人のペースで社会性やコミュニケーション能力を
身につけることが重要です。

 

そうすることで、社会で自立して生きていけるようになります。


 

特に、知的障害の中でも軽度知的障害の場合、早くに
ハンディキャップを認識し、長い期間にわたって、
職業訓練を含む様々な訓練をすることによって、
支援が必要であっても、社会適応できる可能性が非常に高いです。

 

どれだけ沢山の経験を積んだか、どれだけ質の良い訓練ができたかが、
将来の自立を左右します。

ですから、軽度知的障害が疑われる場合、できるだけ早く専門家に相談しましょう。

 


軽度知的障害の子どもには、年齢や発達段階に応じたサポートが重要です。

発達段階によっては、身体機能の訓練や言語訓練などの訓練が必要です。

 

また、心理的な問題を抱えている場合には、カウンセリングが必要です。

軽度知的障害の人が社会で自立するに当たって一番必要なことは、
社会適応力やコミュニケーション能力を上げることなのです。