知的障害とは、知的な能力が、同年齢の平均的知能よりも
明らかに遅れ、とどまっていることを言います。

 

知的な能力の遅れが発達期(おおむね18歳ころ)までに現れ、
日常生活や学習面において、支障がある状態です。


スポンサードリンク




知的障害者と健常者をIQで分けると、大体以下のように分けられます。

【健常者】

 

・IQ80(あるいは85)以上…健常
・IQ70~80(あるいは85)…ボーダー


 

【知的障害者】

 

・IQ50~69…軽度知的障害
・IQ35~49…中度知的障害
・IQ20~34…重度知的障害
・IQ20未満…最重度知的障害


 
IQは、成人では「知能検査」、幼児では「発達検査」を行い、判定します。

その検査で出たIQに従って、知的障害は最重度~軽度まで、
4段階に振り分けられます。

知的障害の8割は原因が不明だと言われています。

 

残りの2割は、染色体の異常など先天性のものや、
出産時のトラブル、乳幼児期の感染症、頭部外傷、
先天性代謝異常などの病気によって引き起こされると言われています。

 

軽度知的障害は、知的障害全体の8割を占めると言われており、
そのほとんどが原因不明です。

軽度知的障害は、知的障害の中では最も軽い部類に入ります。

 

しかし、成人におけるIQ50~69というのは、大体精神年齢に
換算すると7歳6か月以上11歳3か月未満くらいになります。

18歳以上の大人であっても、小学校5年生・6年生くらいの
知能にとどまるということが多いです。

 

軽度知的障害は、日常生活のほとんどのことを自力でできます。

金銭管理や読み書き、計算なども、難しくなければ理解できます。

 

ですので、本人も周囲の人も、知的障害を抱えていることに気付きにくいのです。

また、軽度知的障害と言っても、中度知的障害寄りの人から、
ボーダー寄りの人まで幅があります。

 

中度知的障害寄りであれば、小学校に入学し、勉強が始まった時点で
知的障害を抱えていることが発覚するかもしれません。


スポンサードリンク




しかし、成人するまで知的障害を抱えていることに気付かれないことも、多々あります。

 

軽度知的障害の特徴を、いくつか挙げてみましょう。

 

【軽度知的障害の特徴】

 

・ぱっと見、普通にみえる
・食事や衣服の着脱、排せつなどの日常動作には問題がない。
・感情のコントロールが苦手
・理解力や表現力が乏しい
・合理的判断が苦手

・物事を理解するのに時間がかかる
・難しくない会話はできるが、少し高度な内容になると理解できない
・わからないことがあっても、わからないと言えない
・自分の気持ちを表現することが苦手

 

・自分で判断することが苦手。法的なことなど、複雑な意思決定が苦手。
・コミュニケーションがうまく取れない。人付き合いが苦手
・素直で、人の悪意がわかりにくく、だまされやすい
・応用がきかない
・年齢相応の学力が身につきにくい

・いつもと同じであることに安心する
・おっとり、ぼんやりしているように見える
・ストレスに弱い
・不器用、動きがぎこちない

など

 
上記は、あくまで一例です。

軽度知的障害の人は、一見障害を抱えているようには見えません。

しかし、障害を抱えているがゆえに、不得意なことが沢山あります。

 

その原因が障害にあることに気付いてもらいにくく、「怠けている」
などと言われ、本人の自己肯定感が下がりがちです。

また、軽度知的障害の場合、場の雰囲気などはある程度読めますし、
他人と自分を比較することもできます。

 

そのため、「自分は勉強も運動もできない、馬鹿なんだ」と思ってしまいがちです。

成長過程で自己肯定感が下がってしまうと、うつなどの二次障害を
引き起こしてしまい、非常に厄介です。二次障害を発症して初めて
精神科にかかり、軽度知的障害が発覚することも多いのです。

 

軽度知的障害の人は、適切な援助があれば、充分に社会の一員として
生きていくことができます。また、家庭を持つことも可能です。

子どもの様子が何か変だと思ったら、専門家に相談しましょう。

 

軽度知的障害が確認されれば、適切なかかわりを持ち、
将来本人が自立して社会で生きていけるようにすることが重要です。