最近、ADHDという言葉をよく耳にすると思います。

ADHDとは、「注意欠如・多動性障害」のことです。

 

少し前までは、「注意欠陥・多動性障害」と呼ばれていましたが、
注意が欠如しているのであり、欠陥ではないということで、
現在では「注意欠如・多動性障害」と呼ばれています。

 


スポンサードリンク




ADHDというと、じっとしていられない、「子どもの障害」
というイメージがあるかもしれませんが、これは生まれつきの
脳機能の障害であり、その特性は生涯続くと言われています。

 

ですから、子どもだけの障害ではなく、
大人になっても抱え続ける障害なのです。

ただし、大人になるにつれて障害は目立ちにくくなると言われています。

 

ADHDは、多動性・衝動性・注意力に問題があり、
行動上の障害として現れます。

学童期の子供の3%~5%に見られるとも言われています。

 

特に男児に多く、男女比は3~5:1だと言われています。

原因はまだはっきりとはわかっていませんが、脳の一部の
機能が未熟なため引き起こされるのではないかと考えられています。

 

ADHDには、3つのタイプがあります。


 

①多動性・衝動性が目立つタイプ
②不注意が目立つタイプ
③混合タイプ


 
①の多動性・衝動性が目立つタイプというのは、
一般的なADHDのイメージです。


②の不注意が目立つタイプはADDとも呼ばれ、
ぼんやりしている子という印象で、
障害を抱えていることに気付かれにくいタイプです。


 

体ではなく、頭の多動といったところです。

 

③の混合タイプですが、多動性・衝動性と不注意を
両方持っていますが、その現れ方のバランスは人それぞれです。
ADHDの幼児の特徴は、以下の通りです。

 

【多動性】

 

・絵本の読み聞かせの時や、お勉強など、座っているべき時に落ち着いて
座っていられず、立ち歩いてしまったり部屋から出て行ってしまったりする

 

・遊びや作業などに、おとなしく参加することが難しい
・取り憑かれたように何かをせずにはいられないことがある
・エンジンが搭載されているかのように、絶えず動き回っている

 

・そわそわ、もぞもぞと落ち着かない
・過度におしゃべりする(口の多動)
・頭がざわざわして、考えが止まらない


スポンサードリンク




など

 

【衝動性】

 

・相手の話が終わらないうちに、相手の話にかぶせるように話し出してしまう
・質問されている時に、質問の最後まで待てずにだしぬけに答えてしまう
・お友達が並んでいても、自分の順番が来るまで待てない

 

・思いついたことにすぐにとりかかれないと、かんしゃくを起こす

・自分のしたいことがあると、他の人がしている行動を遮ってでも
行動してしまったり、邪魔をしてしまったりする

 

・衝動性が抑えられず、些細なことでイライラしてお友達に
手を出してしまったり、大声でわめいてしまったりする
・乱暴な子、反抗的な子とみられやすい

 

など

 

【不注意】

 

・勉強などで、ケアレスミスが多い
・課題や遊びなどの活動の中で、注意を集中させ続けることが難しい

 

・興味のあることには集中しすぎてしまい(過集中)、
次の行動に移るための切り替えができない

 

・興味のない事には全く集中できない
・人が話していても、話を聞いていないように見える(話に集中できない)
・簡単な作業の繰り返しが苦手

 

・大事なものをなくしてしまう、忘れっぽい
・注意が長続きせず、すぐに気がそれてしまう
・課題を言い渡されても、なかなか取りかかれない

 

・外からの視覚刺激や雑音に敏感で、すぐに気が散ってしまう
・ぼんやりしているため、行動が他の子よりワンテンポ遅れる
・乱れた字を書く
・お片付けができない

 

など
以上が、ADHDの子供に多い特性です。

 

ただし、幼児期、特に2~3歳頃は、どの子もこういった特徴を持っています。

2~3歳くらいの男の子は、大げさに言えばみんなADHDだとも言われます。

 

その頃の多動性・衝動性・不注意は、あまり深刻に悩む必要はないでしょう。

ただし、幼稚園に入っても集団行動ができなかったり、
ぼんやりしすぎている場合、注意が必要です。

 

特に女児には多動性・衝動性の目立たないADDが多く、
その場合、不注意だけが目立つため、周囲も障害だとは
気付かずに叱り続けたり、不適切な対応をしてしまいがちです。

 

もし、不注意が過ぎるような場合は、障害の可能性を考え、
専門家に相談しましょう。

 

ADHDあるいはADDであった場合、子どもの自己肯定感を
高めるため、適切な対応が必要です。