最近、自閉症という障害の名前が、随分と浸透してきました。

 

それに従って、赤ちゃんのちょっとした行動で
「うちの子は自閉症じゃないか?」と心配になる保護者の方も、
いらっしゃることと思います。
実際に、子供の様子に違和感を感じたことで、
早期に自閉症に気付くこともあります。


スポンサードリンク




また、自閉症の「傾向」があると判断され、
早期に療育を受けた結果、自閉症と診断されることがないくらい、
傾向が薄くなる場合もあります。

 

自閉症とは、生まれつきの脳の機能の障害である、
と言われています。

ですから、生まれた時から、違和感がある場合もあるのです。

 

症状が顕著になるのは、2~3歳頃と言われ、
大抵は症状が出そろう3歳ころに診断が出ます。

しかし、重度の自閉症である場合、
1歳半頃に診断が出ることもあります。
自閉症には、重度の自閉症から、軽度の自閉症まで、
様々な自閉の「濃さ」があります。

それら重度の自閉症や、軽度の自閉症
アスペルガー症候群や特定不能の広汎性発達障害など)を含めて、
『自閉症スペクトラム障害』と言います。

 

自閉の濃度によって、特徴の現れ方も変わってきます。

では、自閉症の赤ちゃんには、どのような症状があるのでしょうか。
一般的によく言われていることを、挙げてみましょう。

 

【自閉症の赤ちゃんの特徴】

 

・乳をあげても目が合わない
・抱っこされることを嫌がり、横抱きでは親とは反対方向を向く。
たて抱きではエビ反りになって落ちそうになるくらい嫌がる。


・喃語が少ない
・喃語は出ているが、一人でしゃべっていて、大人に話しかけるような様子がない
・言葉が出ない、言葉が遅い


 

・その場でぴょんぴょん飛び跳ねたり、くるくる回り続けたりする
・自分の手を目の前にかざし、それをずっと眺めている。
上下に動かしながら眺めることもある
・光るものをじっと見つめる


 

・回るものを見続ける
(扇風機の羽、ベビーカーのタイヤ、ミニカーのタイヤなど)
・意味の分からない言葉、いわゆる宇宙語が多い
・おうむ返しがある
・同じ言葉を何度も繰り返し発音する


 


スポンサードリンク




・大人の手をクレーンのように操り、
ものを取らせる動作(クレーン現象)が長く続く
・名前を呼んでも振り向かない
・あまり笑わない

・気に入らないと、驚くほど激しく泣き叫び、手が付けられない
・落ち着きがなさすぎる。抱っこされていても常にきょろきょろしている
・手をひらひらしたり、鳥がはばたくようにパタパタと腕を振る


 

・体を前後に揺らしたり、横に揺らしたりする
・要求(遊んで、おっぱいちょうだい、おむつを替えてなど)で泣くことが少ない
・睡眠のリズムが、いつまでも新生児のまま
・後追いがない
・大人の真似をしようとしない


 

・赤ちゃんの遊びに反応しない
(「おててパチパチ」や「○○ちゃん、はーい!」など)
・逆さバイバイがなおらない
・手や指をねじまげる、くねくねさせる


 

など

これらの中で、手に出る特徴は、

★自分の手を目の前にかざし、それをずっと眺めている。
上下に動かしながら眺めることもある
★大人の手をクレーンのように操り、ものを取らせる動作(クレーン現象)が長く続く


★手をひらひらしたり、鳥がはばたくようにパタパタと腕を振る
★逆さバイバイがなおらない
★手や指をねじまげる、くねくねさせる


 

です。

目の前に手をかざすことは、健常の赤ちゃんでも行います。

そうして、それが自分の手であることを認識しているのです。
ですが、自閉症の症状である場合、その行動が10分、
20分と長時間にわたって行われます。

 

手をひらひらしたり、パタパタと腕を振ったりする行動は
自閉症の特徴として有名ですが、時には激しく腕を
バタバタと振ることもあります。


 

手や指をくねくねさせたり、ねじまげたりする行動も、
健常の子供にはあまり見られません。

これらは、自己刺激行動と言って、自分で自分に
刺激を与える行動です。

 

興奮したり、不安になったりしたときに出ることが多いです。

また、暇を持て余している時にも出ます。
手遊びのような感覚です。

クレーン現象や逆さバイバイに関しては、
健常児でも一時的にみられることがあります。


 

すぐにおさまる場合は過度に心配する必要はありませんが、
あまりに長期間続く場合、専門家に相談するべきでしょう。

参照:小児自閉症評定尺度

参照:小児自閉症の特徴は人見知り?

 
いくつか特徴を挙げましたが、これらの行動をするからといって、
必ずしも自閉症であるとは言い切れません。

また、自閉症であれば、
これらの特徴が必ず出るわけでもありません。
いずれにしろ、なにか違和感がある場合は、
発達の専門家に相談しましょう。