自閉症スペクトラム障害でも、程度によっては
障害年金の受給は可能です。

ただし、現状では、自閉症スペクトラム障害のみの申請で
障害年金を受給するのは、なかなかハードルが高いようです。

 


スポンサードリンク




ですので、
二次障害と合わせて申請している方が多いものと思われます。

そのほうが、通りやすいからです。また、地域によって申請が
通るか通らないかの確率に差があり、それが問題となっています。

 
自閉症スペクトラム障害で障害年金を申請するに当たって、
知っておくべきことを取り上げてみましょう。

まず、障害年金は、初診時に加入していた年金の種類によって、
申請先が変わります。

ここでは、一般的な国民年金・厚生年金について取り上げます。

20歳前に病院にかかり、初診日が20歳前にある場合、
20歳の誕生日が障害認定日となります。



 
20歳以降に初診日がある場合、初診日から1年半が経過した日が
障害認定日となり、その日から障害年金の申請をすることが可能になります。


ここが、1つ目のポイントです。初診日が20歳前か後かで、
障害認定日が変わってくるのです。

 

また、初診日に加入していた年金制度での申請となるため、
初診日は非常に重要な情報です。

初診日が確認できない場合、
障害年金の申請が難しくなる場合があります。

 

また、知的障害を伴う場合、知的障害の初診日は誕生日となるため、
国民年金しか申請できません。

自閉の程度や、知的障害の合併、精神疾患の合併の状況によっても、
申請した後の判定は大きく変わってきます。

申請自体は可能ですが、障害年金が受給できるかどうかは、
年金機構の判断次第ですので、申請してみないことには、
結果は誰にも分かりません。

 
また、申請時の病歴状況申し立て書の書き方によっても、
通るか通らないが左右されるので、申立書を書くには
コツを押さえておくことが重要です。

医師はある程度、これなら申請が通るとか、これは無理だと
いったことを経験的に知っている場合が多いですから、
一度医師と相談してみるのがよいでしょう。

 

以下に、障害年金の認定基準を記しておきます。参考にしてください。

発達障害や知的障害は、精神障害枠での申請となります。

※発達障害の認定基準(発達障害をメインにして申請する場合)

 

【国民年金・厚生年金ほか】

 

・1級



 
発達障害の診断を受けていて、社会性・コミュニケーション能力の
障害が重く、かつその場にそぐわない行動が多々見られるため、
日常生活を適切に送ることが困難で、常に他人の手を借りることが
必要な状態であること


 

・2級


 

発達障害の診断を受けていて、社会性・コミュニケーション能力の
障害があり、かつその場にそぐわない行動が見られるため、
日常生活を送るに当たって、状況に応じて他人の
手を借りることが必要な状態であること

 
【国民年金以外】

 

・3級


 

発達障害の診断を受けていて、社会性・コミュニケーション能力が
しょうがいされており、かつ社会生活を送る上で不適応が見られるため、
労働が著しく制限される状態であること

 
発達障害の場合、社会的な適応の程度によって判断されるため、
一般就労している人であっても、援助や配慮を受けての就労である場合、
状況によっては認定基準に該当することがあります。

 
※精神障害の認定基準
(二次障害である精神障害をメインにして申請する場合)

 

【国民年金・厚生年金ほか】

・1級


長期間の安静を必要とする状態が、通常の日常生活を送ることが
不可能である程度のもの。

ここでいう日常生活を送ることが不可能である程度とは、
他人の手助けを受けなければ、ほとんど自分の身の回りの
ことができない程度、寝たきりに近い状態のものをいう

 

・2級


 

長期間の安静を必要とする状態が、通常の日常生活を送る
上ことが大きな制限を受けるか、または通常の日常生活を
送ることに制限を加えることが必要である程度のもの。

この程度とは、必ずしも他人の手助けを借りる必要はないが、
日常生活は極めて困難で、寝たきりほどひどくはないが、
働いて収入を得ることができない程度のものをいう

 
【国民年金以外】

 

・3級


 

働くことが著しい制限を受けるくらい調子が悪いか、
または働くことに大きく制限を加えることを必要とする
程度の障害を残すもの、障害を有するもの

 

・障害手当金(一度のみ受給可能)


 

働くことが多少困難で、制限を受けるか、
または働くことに制限を加えることを必要と
する程度の障害を残すもの

 
基準は上記のようになっていますが、自閉症スペクトラム障害と
精神障害の両方を抱えている場合、両方の症状を総合的に
考えて級が決定されます。

 

また、認定は具体的な日常生活などの生活上の困難を
判断するとともに、その原因及び経過を考慮します。

障害年金を受給する場合、定期的な更新が必要です。

 

期間は障害の程度によって違います。
障害年金の受給を考えている場合、
まずはお近くの年金事務所に問い合わせてみましょう。

合わせて、かかりつけの医師にも相談することをお勧めします。