小児自閉症とは、自閉症スペクトラム障害の中でも、
早期から自閉症の症状が顕著なタイプのものをいいます。

症状が重くて発見しやすく、小児期にはっきりと診断が
できるため、そう呼ばれることがあります。

 

比較的早期から(早ければ1歳で診断がつく場合も)
自閉症スペクトラム障害の特徴が顕著にみられます。


スポンサードリンク




現在は、カナ―タイプの自閉症、高機能自閉症、
アスペルガー症候群、広汎性発達障害など、
全てひっくるめて「自閉症スペクトラム障害」と呼ばれています。

 

人見知りをするかしないかということは、対人関係の質的問題を
発見する一つのキーにはなりますが、それだけで
自閉症スペクトラム障害と診断できるわけではありません。


 

自閉症スペクトラム障害には、症状の現れ方は千差万別ですが、
必ず3つの能力の障害があります。
 

自閉症と診断されるには、
この3つ組の障害が確認されなければなりません。



 

【自閉症スペクトラム障害の3つ組の障害】

 

①対人関係の質的問題

 

名前を呼んでも反応しなかったり、
人に関心を示さなかったりします。

逆に、見知らぬ人に突拍子もない言葉をかける場合もあります。

 

一人遊びが多く、大人と遊んだり、
他の子供と遊んだりすることが少ないです。

対人関係に問題があると、自分と相手との関係を正しく
把握できないため、人に対して不適切な行動をとってしまいます。

 

赤ちゃんの場合、人見知りがなくて誰にでも平気で抱かれたり、
お母さんの後追いをしなかったりします。

逆に、人見知りや後追いが極端に強く、 1~2才を過ぎても、
お父さんにすら自分の世話をさせない場合もあります。

 

あやしたときの反応が乏しかったり、赤ちゃんの遊びに
取り組みにくかったりします。

健常児では、2~3才になるとお友達を意識した行動を
し始めますが、自閉症スペクトラム障害の子供は、
友達への関心が薄かったり、関わりはもてても
極端に一方的だったりします。


 

②コミュニケーションの質的問題

 

自閉症スペクトラム障害では、話し言葉の遅れが
見られることが多いですが、中には言葉の遅れのない子もいます。

診断を受けるうえで重要なのは、言葉の遅れがあるかないかよりも、
言葉の使い方の奇妙さです。


 

自閉症スペクトラム障害の子供の場合、自分の興味があるものや
繰り返し聞く言葉は言えるのに、人に呼び掛ける言葉を覚えなかったり、
覚えた言葉もぶつぶつと独り言で言うだけ、ということが多く見られます。


スポンサードリンク




また、オウム返しをすることがあります。「ただいま」「おかえり」
逆転現象のような、相手の言うべき言葉を言ってしまったり
、逆さバイバイをすることもあります。

 

これは、自分と相手の立場を置き換えることが若手なためと
考えられています。

 

また、視線が合いにくかったり、逆に失礼なほど他人の目を
じっと見つめてしまったりと、非言語的コミュニケーションにも
異常が見られます。


 

③イマジネーションの障害

 

これから先、こんなことが起こるかもしれないし、
あんなことが起こるかもしれない、という不確定なことがらを
楽しんだり、突発事項に臨機応変に対応する力が不足しています。

 

そのため、不測の事態が起きると頭の中が不安でいっぱいになり、
パニックに陥って、本来ならできるはずのことができなくなってしまいます。

ですから、「いつも同じ状態であること」に強く固執します。

 

これが周囲にはこだわりと受け取られます。

いつもと同じ道順でないとパニックを起こしたり、
物の置き場所を勝手に決めてしまい、
誰かがそれを動かすと怒ったりします。

 

ものを一列に並べることに没頭したり、 電車やマーク、文字、
数字、特定のキャラクターなどに偏った関心を示す場合もあります。

こうした偏った強い興味は、少し大きくなると特殊な能力として
発揮されることもあります。

 

本人の得意分野として伸ばせれば、将来役に立つかもしれません。


また、手をヒラヒラさせたり、ぴょんぴょん飛び跳ねたり、
その場でぐるぐる回ったり、体を前後に揺らすなどの、
常同運動に没頭することもあります。

 
これらの3つの障害が確認されると、
自閉症スペクトラム障害と診断されます。


現在では、より早く正確に診断し、早期から療育を受けさせることで、
障害を軽減させることができるようになっています。

 

早期の療育は、将来の生活の質を大きく左右します。

発達に異常を感じたら、できるだけ早く専門家に相談しましょう。