折れ線型自閉症とは、自閉症の中でも3分の1を占めるタイプで、
1歳半から2歳半頃までは健常児と同様、正常な発達を

遂げているにもかかわらず、突然出ていた言葉が失われたり、
模倣が行われなくなり、自閉症の症状が顕著になるもののことを言います。


スポンサードリンク




 

【自閉症に特徴的な症状】

 

①対人関係の障害


 

視線が合わない、呼んでも反応しない、人に関心を示さない、
一人遊びが多い、親にも関わられることを嫌がるなど

 

②コミュニケーションの障害


 

言葉の遅れがある、言葉が出ない、指さしをしない、
ジェスチャーが乏しい、親など大人の腕を持って
操るようにしてものを取らせる(クレーン現象)

 

③想像力の障害


 

こだわりが強く「同じ」であることに執着する。

光る者やくるくる回るものをみつめつづけるなど興味の偏りがある。

 

手をひらひらしたり、鳥がパタパタはばたくような動きをしたり、
その場でくるくる回り続けたりする常同運動が見られるなど

発達の後退は「セットバック現象」と呼ばれ、
折れ線型自閉症の特徴であるとされています。

 

しかし、現在では折れ線型自閉症と、非折れ線型自閉症には、
初期の発達に異常があったかなかったかの違いのみで、
症状としての差はほとんどないと考えられています。


 

昔は、折れ線型自閉症の場合、非折れ線型自閉症に比べ
予後が悪く、発語が失われた場合、再び話すようになることはなく、
自閉症に特徴的な症状の回復もなく、重度の自閉症になると
考えられていました。


スポンサードリンク




しかし、実際には折れ線型自閉症の中にも軽度から重度まで、
様々な自閉度の状態が存在することが分かってきており、
折れ線型自閉症だからといって、必ずしも重度の自閉症と
なるわけではない、と考えられています。


 

発達が一度後退しても、どこまでも後退するわけではなく、
ある一定の状態にまで後退するとそこで止まり、どん底からは
療育によってかならず回復することも確認されています。

また、再発語がわりと早い時期にあると、回復も比較的よく、
予後の状態がよい場合が多いと言われています。

 

実際に、会話が成り立つほど回復した例も、沢山あるようです。

折れ線型自閉症では、発達の後退が起こる時期が1歳半~2歳半頃と、
弟や妹ができたり、親が仕事に出るようになる時期と重なるため、
赤ちゃん返りと間違われたり、たまたま調子が悪いと思われ、
発見が遅れることがあります。

 

下にきょうだいができた時でも、しっかり愛情を持って上の子に
接していれば、赤ちゃん返りは時間と共に改善します。

しかし、折れ線型自閉症では、そのような対応では状況は改善しません。

 

折れ線型自閉症が疑われるときは、できるだけ早く専門家に相談し、
自閉症であるかそうでないかを見極めてもらう必要があります。

なぜなら、早期に療育に取り掛かることで、
その後のこどもの生活の質が大きく変わって来るからです。

 

療育で自閉症自体を治すことはできませんが、
状態をよくすることは可能です。

挨拶ができない子でも、療育に通い、適応訓練をすることで、
挨拶ができるようになる例は沢山あります。

 

折れ線型自閉症では、言葉の遅れが目立つことが多いので、
療育では、特に言語の訓練が行われます。


言葉が出なかったり、言葉が遅れていても、他人と意思の疎通が
できるような取り組みを行っています。

 

他人と何らかの形で意思の疎通ができることは、コミュニケーションの
障害や対人関係の障害を改善するためには、必要なことです。


それ以上に、日常生活ができるため、
生活の質をあげるためには欠かせないことです。

 

言語的コミュニケーションは、生活の基礎となるものですから、
療育は欠かせません。

折れ線型自閉症と診断されてもあきらめず、こどもが
将来生活に困らないように、その子が持って生まれた能力を
最大限に引き出してあげられるように、療育を受けさせてあげましょう。


 

早期の療育は、こどもの将来の可能性を大きく広げます。