自閉症スペクトラムとは一体何か?

 

自閉症スペクトラムとは、アスペルガー症候群、
自閉症や高機能自閉症等の疾患を知的障害や
自閉症の症状の度合いによって、連続したものとして
考える概念の事を指します。

 

アスペルガー症候群と自閉症、高機能自閉症は知的障害や
自閉症の症状の程度によって名前が分けられているので、
連続した物として捉える事が可能となるのです。


スポンサードリンク




更にこれによって、疾患の症状の一部を持っている方も
認識しやすくなったのです。

 

ちなみに、自閉症スペクトラムは一般的にはあまり知名度の
高くない用語となっていますので、今まで広汎性発達障害と
された診断基準とほぼ同一の物であるとされていると説明を
した方が分かりやすいかも知れないです。

■自閉症スペクトラムの特徴

仕事上での軋轢が発生しやすい

仕事をする時に上司の人が曖昧な指示をしてしまうと、
それが理解出来ずに困ってしまったり、自分で独自の
解釈をしてしまう事でミスに繋がったりする事があります。

 

雰囲気を読んで行動すると言う事が出来なかったりするので、
その場ごとに細かく指示を与える事が大事になります。

また、スケジュールを管理をする事が苦手と言う事があるのも特徴です。

 

特に複数の案件を並行して進める等をすることが出来なかったりします。

何故なら、2つ以上の案件を抱えていると何を優先するかを
決めなくてはいけませんが、それが不得手だったりするからです。

 

加えて、全体を把握するのが苦手で、細かい部分に固執して
しまったりするので作業が遅延してしまう事があるのです。

全体的な行程表等を作って、
1件ごとに仕事を行う等の工夫をした方がいいようです。

■対人関係を上手く出来ない

 

まず、相手の言葉の意味を額面通りに受け取ってしまいやすいと
言う特徴があるので、その為に騙されてしまったり、
皮肉や冗談を理解できずに真に受けてしまったりします。

そして、興味がある事等を相手のリアクション等を介さずに、
夢中になって話し続けてしまう事があります。

 


スポンサードリンク




通常は相手が迷惑そうな顔をしたら、話を切り上げたりしますが、
相手の表情などを読み取る事が苦手としているので、話し続けてしまうのです。

相手の立場になって考える事がしにくいと言う事が原因とも言え、
それによって無神経ともとれる発言をしてしまう事があります。

これらの事によって対人関係が上手くいかなくなったりしてしまうのです。

■自閉症スペクトラムから引き起こる可能性がある問題

 

大人になって社会に参加して行く事に
なった際に苦しんでしまうケースがあります。

空気が読めなかったり、相手の気持ちが分からなかったりする
事で対人関係が上手くいかなかった事による人間関係への
不信感等が起きてしまっている場合があります。

 

それが社会に出た時に重荷となってしまうのです。

就職をした際に人間関係だけではなく、仕事上でも失敗を
重ねてしまって引き籠ってしまう事もあります。

大人になると活動の場所が広がるだけに、適応がしにくいと
言う事が本人の負荷になってしまったりするのです。

 

また、二次障害が起きる可能性があり、これにはうつ病や不安障害、
強迫性障害等があります。

この場合は早めに精神科等を受診する事が必要とされます。

 

自閉症スペクトラムは比較的障害である事が分かりにくいので、
周りの人間の理解を得にくかったりします。

それによって、この様な二次障害が起きてしまうのです。
自分が自閉症スペクトラムに当て嵌まるかもしれないと思った際は、
専門機関で診断を受ける事をお勧めします。

 

ご家族や周囲の方はこの障害は理解をする事やサポートを
得る事を大事になると言うことを覚えておいた方がいいです。