幼児、ここでは特に2歳から4歳児の発達障害の診断として、
発達診断の代表的な検査を、知的検査、発達検査、
性格検査の3領域から述べたいと思います。

知的検査には田中ビネー式知能検査、WISC-||| があります。

田中ビネー式知能検査は、精神年齢を算出し、
実年齢とのバランスをみる検査で、2歳から対象になります。


スポンサードリンク




精神年齢と生活年齢の比により、知能指数を表します。

WISC-||| は、言葉と視覚情報を比較して、
どちらが理解しやすいかをみていくもので、
幼児用と3歳10ヶ月〜、5歳〜、というように分けられています。

こちらは、集団の中で知能の偏差値をだすものや、
個人レベルで何が得意で、何が不得意かをみることもできます。

これは、言語理解、知覚統合、注意記憶、処理速度と
いったようなさらに細かく分けた指数を出すことも出来ます。

発達検査には、遠城寺式乳幼児分析発達検査と新版K式発達検査があります。

遠城寺式乳幼児発達検査は、運動・社会性・言語の
3分野からの質問により、移動運動、手の運動、基本的習慣、
対人関係、発語、言語理解といった、6つの領域で診断を行います。

0歳〜4歳7ヶ月が対象になります。新版K式発達検査は、
姿勢、運動、認知、適応、言語、社会の分野から診断を行います。

それぞれ課題が分かれているので、得意、
不得意が何であるかの問題点が見やすいです。

ここでは、IQではなくDQという発達指数で表し、0ヶ月〜14歳までが対象です。


性格検査は、個性を理解する為の検査として用いられます。

 

インクのシミが何に見えるかなどのロールシャッハテストや
書きかけの文章に続きを記入させる文章完成法がありますが、
いずれも5歳〜、小学生以上が対象年齢ですので、ここで詳しくは述べません。

また、国リハ式<S-S法>言語発達遅延検査では、
言語遅延を健常の子どもの発達と対照することが出来ます。

 


スポンサードリンク




言語遅延児の臨床上の指針にもなり、発語がみられなくても検査可能で、
1歳前後〜小学就学前が対象になります。

その他には、質問ー応答関係検査を行う場合もあります。

これは、所要時間が短く、臨床場面で他の言語発達検査と
併用して実施出来ることや、検査結果を健常のデータと対照することが出来ます。

子どもの正しい答えや誤った答えを質的に分析し、発達的な評価をします。

これらの検査は、主に臨床心理士や心理士、言語療法士らが行います。

(作業療法士が行う場合もあります。)これらの検査結果と診断を受け、
子どもに応じた療育プログラムが設定されます。
いずれの場合も子どもの成長と発達により、支援や相談と並行しながら、
検査を複数回実施していき、その都度療育プログラムを検討、
実施していくことになります。

ひとくちに発達障害といえども、その様子は、本当に個々様々です。

以上のような検査に基づく診断により、一人ひとりのお子さんに適した
療育面からのアプローチが出来たり、どこが苦手で得意かなどの
お子さんへの理解が深まったりすれば、本人も随分救われるでしょうし、

身近なご家族の方も先を見据えて、
お子さんの成長に寄り添っていけるのではないでしょうか。