結婚や出産を考えた時に、身内に自閉症の人がいれば、
自分の子供が自閉症になる確率について、気になることもあるでしょう。

そこで今回は、自閉症の遺伝の確率について、お話ししたいと思います。
そもそも、自閉症は遺伝する障害なのでしょうか?

 


スポンサードリンク




はじめ、自閉症は遺伝ではなく、遺伝子の突然変異や、
環境的要因によって発生すると考えられていました。

 

しかし、自閉症者には「てんかん」が高い頻度で合併すること、
二卵性双生児より、一卵性双生児の発生の一致率がはるかに
高いことから、先天的な障害であると考えられるようになり、
50年以上かけて、世界中で自閉症に関する遺伝子の研究がおこなわれてきました。

 

しかし、いまだにこれといった原因遺伝子は特定できていません。

「これが原因遺伝子かも?」という状態です。

 

ある研究グループは、重度の自閉症の女性は、
特有の遺伝子配列を持つことを突き止めました。

そもそも、自閉症は4~5:1の割合で男性に多く
女性は発症しても比較的軽いと言われています。

 

重度の自閉症の女性は、自閉症者の中では珍しいのです。

これは、男性と女性の脳のつくりの違いに由来します。

 

女性の脳はもともと、男性の脳に比べて社交的なため、
自閉症の症状が比較的軽くなるのではないか、と言われています。


また、男性の性染色体はXYの組み合わせですが、
女性はXXと、X染色体を2本持っています。

 

X染色体の脆弱性が自閉症の発症と関連しているとも言われており、
X染色体を2本持っている女性は脆弱な部分を補うことができるため、
比較的軽度なのではないか、という考え方もあります。

遺伝子が自閉症の発症に関係していることは、否定できません。

 

自閉症者の親族には、
他に自閉症者がいる確率が少し高いのも事実です。


スポンサードリンク



だからといって、100%遺伝するわけではありません。

 

兄や姉が自閉症であっても、次の子も自閉症であるとは限らないのです。

兄や姉が自閉症で、弟や妹は健常児であるというきょうだいは、沢山います。

また、兄や姉が健常児で、弟や妹が自閉症であることもあります。

 

1人目の子供が自閉症である場合、2人目の子供が自閉症である確率は、
通常の2倍になるという話もあります。

しかし、自閉症スペクトラム障害の発生率自体が、
100人に1~5人といわれていますから、
とてつもなく高いと言い切ることはできません。


 

100人に1~5人といえば、学校のクラスに一人は自閉症スペクトラム障害の
子供がいる計算になります。案外、身近だし、多いなと思いませんか?

兄弟のうち、1人が自閉症の場合、他の子供が自閉症である確率は
2~10%であると言われています。


 

身内に自閉症者がいない場合は、
子供が自閉症である確率は0.2%であると言われています。

 

また、一卵性双生児の片方が自閉症の場合、もう一人が自閉症である
確率は80~90%であると言われ、二卵性双生児の片方が自閉症の場合、
もう片方は自閉症でない場合が多く、二人ともが自閉症の確率は10%と言われています。

 

以上のことから、遺伝的要因は確かにあるといえるでしょう。

 

遺伝子に原因があるのであれば、
遺伝することは、完全に否定することはできません。

参照:ADHDの遺伝確率!父親母親兄弟や祖父祖母

参照:アスペルガー症候群の遺伝する確率

 

母親の抗てんかん薬の服用や、妊娠中のウイルスの感染でも、
生まれてくる子供の自閉症の発生率は高くなると言われています。

また、不安障害を抱えている親の子供は
自閉症の確率が上がるという報告もあります。

 

父親が高齢になるほど、
自閉症のリスクが高くなるという報告もあります。

身内に自閉症者がいると、自閉症児が生まれる確率が高くなることは、
充分考えられることです。

 

家系的に、そういった遺伝子を持っている可能性があるからです。

しかし、必ず自閉症の子供が生まれるわけではありません。

 

遺伝しない場合もあるのです。遺伝しない場合、
研究対象として見られておらず、発表されていないことも考えられます。

あくまで、「可能性がある」というだけなのです。

参照:てんかん原因は遺伝子が関係している?

参照:てんかん男性は赤ちゃんに遺伝する?

参照:知的障害は兄弟でも遺伝する?

参照:LD学習障害は遺伝する?特徴や症状

身内に自閉症者がいるからといって、結婚や出産をあきらめないでください。

100人に1~5人が、自閉症スペクトラム障害なのです。

そんなに珍しい障害ではないのです。

 

上手く社会に適応して生きている人もいます。

自閉症スペクトラム障害を抱えていても、当事者の方たちは一生懸命に生きています。
過度に悲観的にならないでください。