普通学級で学ぶこととなるのか?特別支援学級に入るのか?

 

希望、判断、不安、様々な要素がありますが、地域によって
特別支援学級に入るためのIQ数値が違うようです。


 

一般的にはIQ50程度が基準となっている場合が多いようですが、
療育手帳の交付にも影響があるので、普通学級か否かを考える前に、
特別支援学級に入る選択肢はあるのかどうか?の確認が必要です。

 


スポンサードリンク




特別支援学級で学ぶこととなった場合、普通学級との学習内容が
全く違ってきます。


 

小学校で特別支援学級となった場合は、
中学も特別支援学級に進むケースが多く、高校も普通高校への
進学が学力的には厳しくなってしまいます。

 

特別支援学級となった場合は、個人別に勉強を教えてもらうことが
できるので、IQや特別支援学級を考えた時には、学校の授業に
ある程度ついていけそうな場合は、高校への進学も視野に入れながら、

できる限り先生に普通教室の授業に適した内容で
教えてもらえるよう協力をしていただきましょう。

参照;軽度知的障害の大人の特徴

参照:知的障害の顔の特徴!健常者との違い

参照:知的障害子供の特徴と対応

参照:軽度知的障害の仕事と就職

なんとか着いていくことができる状況であるならは、時間は
掛かったとしても、遡って不得意な科目や躓いた科目の
解決もできるかもしれません。

 

個人別の学習塾が人気を集めていますが、IQが高めのお子さんに
関しては個別学習塾だと思って勉強してもらってもいいかもしれません。

進学のことも視野に入れつつ、少しずつでも無理することなく
力をつけていくことができる環境となることも多いようです。

 

授業内容は案外理解ができていたとしても、てんかんや多動などの
症状で長い時間机に向かっておくことが、できない場合も考えられます。

参照:軽度知的障害のIQ知能指数は?

参照:軽度知的障害の子供の将来は?

参照:軽度知的障害の幼児の特徴

参照:知的障害は結婚できる?彼氏彼女など恋愛は?

学習にはついていくことができたとしても、学習環境に適応することが
できない、画一的な学習態度に適応することができない場合なども、
IQによっては同じように特別支援学級に入ることができますので、

積極的に勧める必要はありませんが医師や担任の先生とも相談を
しながら、状況を観察していく必要がありそうです。

 

中学までは義務教育の中で特別支援という選択肢もありますが、
高校への進学も同等以上の選択肢が広がっています。


スポンサードリンク




昼間ではなく定時制という選択、通信制高校で自宅学習をする場合、
サポート校で学習の個別指導を受けるなどもあり、高校の進学選択は
非常に広く広がっています。

 

てんかんなどの発作を持っている場合は、薬の副作用で日中でも
強い眠気を感じてしまうことや、頭がぼーっとしてしまうなど授業中で
あっても、本人ではどうすることもできないこともありますので、

支援方法、学習方法など個人ごとに対応してもらえるサポート校なども
本人にとっては過ごしやすいかもしれません。

 

療育手帳は2年毎の更新のため、小学校3~5年生は手帳を持って
特別支援学級だったとしても、6年生で更新する際に取得できない
可能性もあります。


参照:知的障害者手帳の等級基準!

参照:知的障害者の施設入所費用と種類

参照:軽度知的障害は治る?治療法

 

その時に普通学級に戻ることができるのか?そんな不安もでてきます。

学校の先生や医者とも相談をしながら決めることとなります。

 

将来的には高校の支援は幅広く行われていますので、
本人が無理を感じない範囲内で、様子を見ることも
選択肢をして忘れてはいけないと思います。

 

普通学級で学ぶことは知識や教養が中心となり、実生活に
役立つ教養とは程遠い内容であるため、授業内容の理解が
進みませんし、自分にとって必要なことという認識も得ることは
難しいでしょう。

参照:知的障害者福祉法の療育手帳制度

参照:知的障害の原因は妊娠中にある?

参照:知的障害は兄弟でも遺伝する?

普通教室で授業を受けうることはできたとしても、生活をよりよくして
いくための知識や技能は家庭でしっかりと教え、経験を積むことが
できるようなフォローも忘れずに行わなければいけません。

 

教養を重視するのか?社会参加を重視するのは?本来は両方ですが、
知的障害の子はそこまで器用に習得できないことが前提です。