自閉症の子にはある共通した特徴が認められる。

 

そんな研究発表があります。

 

顔の特徴についてまとめられた研究内容ですが、

自閉症の男の子64名、健常な男の子41名の顔写真から17の
チェックポイントをマッピングし比較検討する形で行われた研究です。



スポンサードリンク



その結果、3つの特徴が認められています。

 

・目を含んだ顔の上部の領域が狭いこと
・頬や鼻を含む顔の中間部分が上下に短いこと
・人中と言われる鼻の下にあるくぼみ周辺から口にかけての領域が広いこと


 

これら3つの特徴が、共通して見受けられるとのことです。

 

注意しなければいけないのは、男の子のみのデータであるようですから、
これが全てとは言い切れません。また、調査対象の数も少ないので、
エビデンスとしての説得力にはまだまだ欠けることを前提に後述いたします。

参照:軽度知的障害のIQ知能指数は?

参照:軽度知的障害の子供の将来は?

参照:軽度知的障害の幼児の特徴

 

なんとなく似ている、なんとなくそんな気がする、
こんな言葉は意外と人を落ち込ませます。

受け容れがたいこともあるのですが、見た雰囲気で判断されて
しまうことの危険性は、相手に深い落ち込ませてしまうのに繋がることを考えましょう。

 

最終的に自閉症であることや、
アスペルガーと診断できるのはドクター以外におりません。

人の顔も性格も十人十色であって然るべきなのです。

 

自閉症の顔つきの特徴として3つ挙げておりますが、例え善意からの
言葉であったとしても、相手に落ち込ませてしまう危険があることを
今一度お考えいただきたいと思います。


よく、自閉症を疑っている親を気遣って、

「私も自閉症の子を見てきたけど、顔つきが違うから心配ないよ」 

 

 

と安心させたいという気持ちから、言ってしまいがちですが、
外観からは何も判断できないものです。

この調査報告も2014年に行われたもののようですが、
その後は遺伝子への研究へと発展しているようです。

参照:知的障害者手帳の等級基準!

参照:知的障害者の施設入所費用と種類

参照:軽度知的障害は治る?治療法

 

調査されたお子さんも気の毒なことですが、外観の分析では
限界があるからこそ、遺伝子へと研究が発展したのではないでしょうか?

これは個人的な憶測でしかありませんが、人の見た目はそれだけ
多様性に富み、受け取り方も多様性があるとうことであると思います。

 

今後はカメラの性能、医学的なデータの蓄積から顔の特徴に
ついても研究が進むのかもしれませんが、参考程度に
見聞きする程度に収めておきたいものです。


スポンサードリンク




身体の特徴で混在しがちなものは、ダウン症があるかと思います。

ダウン症は染色体の違いがあり、
そもそも身体を作る設計図が変わってきています。

 

21番目の染色体に異常が起こっているのがダウン症です。

この染色体異常が筋肉や顔の発達にも現れてしまいます。

 

自閉症とダウン症は明らかに種類が違いますので、
同じイメージを持ってしまうと誤解を招きます。

ダウン症の子の100人いれば100人分の個性が存在します。

参照:知的障害者福祉法の療育手帳制度

参照:知的障害の原因は妊娠中にある?

参照:知的障害は兄弟でも遺伝する?

独り言が多い方もいますし、合併している症状の中に
知的障害も持っているケースも有り得ますが、
必ずしも合併しているものではありません。

知識が少ないと、自閉症とダウン症の区別をすることなく
1つの括りで判断してしまうことには注意が必要です。

 

外見だけで判断しないというのは症状が出ている方であっても、
病気とは関係のないことでも相手を落ち込ませやすい行為です。 

参照:自閉症の赤ちゃんの顔の特徴

参照:自閉症は顔に特徴ある?

 

特に障害の場合は、言葉のイメージだけが先行して軽度の方で
日常生活には全く問題なく、ご家庭を築いて立派に会社で
勤め上げている方も沢山いらっしゃいます。

 

言葉、病名というイメージだけで人を区別することに意味が
ないということ、見た目で判断しないということを
肝に銘じていかなくてはいけません。

それは人として生きていく上で基本的な考え方ではないでしょうか?