自閉症と診断された時、誰もが最初の脳裏を
横切っていくのが将来のことではないでしょか?


 

就学は?小学校は特別学級に入るのか?

 

高校への進学、大学は?就職なんて・・・

そんな未来への灰色な展望が横たわり、
明るい未来を見ることができない親御さん
も多いことと思います。



スポンサードリンク




まだ親御さんが生きていれるうちは面倒を見る、
絶対に自分が守るという強い気持ちを持つことが
できますが、先に両親が他界する確率の方が
高いことを考えると、誰が代わって見てくれるのか?


 

そこまで想像が広がっていくことでしょう。

 

自閉症の程度にもよりけりですが、子供ができ、
家族を形成することができている方も沢山
いらっしゃいますので、全てが自閉症に
支配されるような心配はされなくても大丈夫かと思います。

 

重度となった場合でも、施設で日常生活を送っている方が
ほとんどですので、一人孤独な生活を強いられることもありません。

ただ、将来に向かって家族構成や経済状況など不安は
必ずついてきますので、世代を追ってその対処方法を
検討していく必要があります。

 

学校に通っているうちは、学校で学ぶこともありますし、
専門の先生がいらっしゃるので、学校での生活については
相談することもできます。

学校というお城の中で、教育的にも日常生活においても
見守りをしてくれる方がいてくれるのは、それ以上の存在感があります。


 

学校が終わったときに、どこでどう過ごしていくのか?


 

自立する年齢に達してからの人生の方が長いですし、
自分で時間を使っていく必要もあります、社会活動も
大切ですし、可能であれば仕事もしてほしい。

 

そんな親の気持ちを整理するためにも、
大きな選択肢が出てきます。

施設に入所し、もしくは自宅から通所しながら生活を送る方法。

ただし、この方法は一生その施設に依存しながら
生きていくことも意味します。

 

また、仕事をするために、職業訓練を受けていき、
将来は給料をもらって自立した生活を目指すという
選択肢もあります。

職業訓練も自閉症の度合いによって
様々な就労訓練施設があります。

 

フルタイムで働いて早期就労を目指す施設から、
とりあえず挨拶ができるようになることから、
短時間の就労で少しずつスキルを上げていく方法もあります。

施設で過ごすか?就労するか?は将来をどのように
考えているかによって全く別世界が広がっています。

 

また親が一方的に決めるのではなく、自分の意思も
尊重した選択であるべきです。

「どうせわからないから」と思っていいても、感情を
読むことはできる子、そんな力を開花させる子も
いますので、思っていることを巧みに読み解く場合もあります。

 

ただ、空気に合わせて言動を統一させていくことは苦手なので、
言葉尻を掴んで何かしてくることはないと思います。


スポンサードリンク




当事者も含めた将来に向けての選択肢を提示し、
話し合いを行うことは誰でも必要なことで、
自閉の子だから必要というものでもありません。

 

親としてごく普通の振る舞いで十分です。

結婚したいという感情も湧き出てくるでしょう。

知的障害を伴わない自閉症の場合は、たいてい
日常生活を送ることに支障をきたすことはないようです。


 

ただし、パートナーの協力は不可欠ですし、
想定できないようなことがあったとしても、

動じることなく、一方的に攻め立てることは避け、
ありのままの現実を受け入られる家族・家庭環境を
育むことが大切です。


 

自閉症の方の特徴で、毎日のルーチンワークを
守ることはできても、季節に合わせることや、
曜日ごとにやることが変わってしまうことは苦手です。

個性を知り、パートナーとともに鎖さえあっていく、
仕事でもサポートしてくれるような理解度を示して
くれることが自立への入り口になると思います。

 

パートナーばかりではなく、ご近所の方とも積極的に
コミュニケーションをとり、見守っていただけるような
人間関係を築いていきましょう。

 

そのためにも、対人スキルを上げていく努力も大切ですが、
周囲のご家族とも関係を築いていくコミュニケーションの
習慣作りにも取り組むと、将来の自立が現実的に
感じられることと思います。