進路選択というのは人生における一大イベントです。

しかし、発達障害を抱える子供にとっては、学校選びなどの
進路選択は、非常に重要で、慎重になる必要がある出来事です。

 

ここでは、軽度発達障害の場合の進路選択について考えます。


スポンサードリンク




軽度発達障害とは、知的障害を伴わない発達障害のことです。

 

「軽度」とついているからといって、
決して障害自体が軽いというわけではありません。

軽度発達障害に含まれる障害には、大きく分けて

 

自閉症スペクトラム障害
(高機能自閉症・アスペルガー症候群・高機能広汎性発達障害など)

やADHD(注意欠如・多動性障害)、
LD(書字障害・読字障害・計算障害などの学習障害)、
発達性協調運動障害があります。

 

これらの障害は、個人によって重さや症状は様々で、
一つの障害を単独で抱えている場合もあれば、
重複して抱えている場合もあります。

さて、これらの障害を抱えている発達障害児の中には、
小学校や中学校では、通常学級でなんとか健常児と
一緒に活動できていたという子たちもいます。

 

そういった子たちの場合、保護者は普通高校を
受験してほしいと願う場合が多いでしょう。

しかし、そこで、少し立ち止まって考える必要があります。

 

中学校までは、なんとかみんなと一緒に
活動できてきたかもしれません。

しかし、発達障害を抱えている本人は、本当にみんなと
一緒で大丈夫だったのでしょうか?

 

とてつもない努力を要していた可能性はないでしょうか?

まずは、学校で無理をしていなかったか、
状況を本人にしっかりと確認しましょう。

 

当事者である子供にとって、学校は楽しい場所で、
勉強もなんとかついていけている、みんなと一緒に
高校に行きたいという場合は、普通高校を選択してよいと思います。


スポンサードリンク




しかし、学校が辛い場所で、うつなどの二次障害を
引き起こすような状態におかれているのであれば、
高校は普通高校ではなく、特別支援学校の高等部も
視野に入れた方がいいかもしれません。

 

支援学校に入るには条件がありますから、そう簡単に
進学できないのが現状ですが、専門家としっかり話し合い、
本人にとって一番よい環境を選ぶのが大事です。

 

また、小学校や中学校で支援級に在籍していたならば、
高校も特別支援学校の高等部を選択する、という可能性が
高くなるでしょう。

 

しかし、小学校では特別支援学校に、中学校では支援級に
在籍していたものの、普通高校に進んだ例もあります。

 

そのあたりは、本人の気持ちをしっかりと調査し、
適応能力がどの程度あるかを判断し、普通高校に
進学させるか、特別支援学校を選ぶのか、
慎重に考える必要があるでしょう。

 

普通高校・特別支援学校以外に、就職するという手もあります。

就職する場合の選択肢については、後述します。

 

普通高校・特別支援学校を卒業したら、今度は大学に
進学するのか、就職するのかという選択が待っています。

 

学力に問題がなく、本人に「もっと勉強したい」といった気持ちが
ある場合、または得意分野がある場合は、大学に進んで
専門分野を学び、手に職をつけることが、発達障害者にとって、
社会で生きていく糧となるでしょう。

 

最近では、大学でも発達障害を抱える学生の支援が
広まってきています。

支援をしてくれる大学を探して進学するというのも、
一つの手でしょう。

 

家庭や経済的な事情で大学進学を断念せざるを得ない場合を
除き、大学に進学させるというのはよい選択だと思います。

就職するのであれば、一般就労をするのか、福祉就労をするのか
という選択をしなければなりません。

 

これは、非常に難しい問題です。

一般就労では、障害に対する配慮は期待できません。

 

福祉就労では、障害に対してある程度の配慮が期待できますが、
自立して生活するだけの充分な賃金は得られないことが多いです。

また、現時点ではまだ、発達障害に対する社会の理解は進んでおらず、
社会に出た途端に二次障害を引き起こしたり、もともと抱えている
二次障害を悪化させてしまう可能性があります。

 

発達障害を抱える本人の社会適応能力がどのくらいあるかによって、
慎重に選ぶ必要があります。

いずれの道を選んでも、必ず一人は理解者がいて、
支援が受けられる状況を確保しておくことが望ましいです。

 

本人を交えて、保護者、学校の先生、医師、支援者などで
しっかりと話し合い、将来独り立ちすることををみすえて
決めていくことが大切です。