アスペルガー症候群と寝台されたとしても、
その反応や症状は様々です。

一人ひとり個性が違うように、アスペルガー症候群の子達も、
その障害としての症状に個性が加わりますので、
マニュアルや事例のようにいかないのが当たり前です。

 

基本となるものを理解し、親や教師など連携をして
支えていく必要があります。


スポンサードリンク




その共通言語としても基本となる考え方や
育て方のポイントを押さえましょう。

 

まず、アスペルガー症候群にお子の特徴として、不注意、
衝動性、多動性が上げられます。

忘れ物は毎日の日課を忘れる、話を聞いていない、
順序立てて行動することができないなどは不注意の特徴です。

 

衝動性は順番を待つことができなかったり、考えずに
行動を起こしたり、せっかちな面もあるでしょう。


多動性はじっとしていられない、おしゃべりが耐えないなど
の特徴があります。


 

アスペルバー症候群と診断された子すべてに
この症状がでるわけではないので注意しましょう。

その他にも人との関わりが希薄で、他の子とトラブルになりやすい、
言葉の意味を取り違えること、相手の気持ちやその場の雰囲気を
掴めないこと、音や知覚、味覚に敏感な子もいます。


 

関心を示す対象は少ないのですが、好きなものを見つけると
没頭する蛍光もあり、こだわりの強さに手を焼くこともありそうです。

相対的に集団生活での自然に身につけていくべきことへの
理解が乏しいと抑えておくとよいでしょう。

 

しかし、諦めてはいけません。療育を行うことによって、
アスペルガー症候群の子が感じる「生きにくさ」
軽減させることができます。


 
養育とは専門家が行う地域サービスで、その子の特性に
あったアドバイスをしてもらえるというメリットがあります。

言葉で伝える、伝わることが苦手な子には視覚を活用した
アプローチの方法で理解を促していきます。

 

言葉で「ダメ」といっても、ダメの意味を理解することが
できない場合もあり、×のカードを示すことで、ダメの
意味を理解させていくことができます。

よくできた時、ルールを守ったときは○のカードを示すことで、
自尊心を育み正しいことを遂行する楽しさを実感させて
いくことができます。

 


スポンサードリンク




 
親と子の遊びや会話を通じて、コミュニケーション能力を
伸ばしていく養育の方法もあります。

大人はことも行動をよく観察し、できる限り静かに見守りながら
子供の言葉に耳を傾けて、子供を理解する必要があります。

 

そこで感じる子供の行動や気持ちを、大人が変わって
言語化してあげる、また大人がその時どのように感じて
いるのかを言葉にしてあげる方法もあります。

 

言葉による養育のほかにも運動を用いて行う養育もあります。


 

子供は成長過程で様々な情報を脳で処理することで、
適切な行動やバランスのよい理解力を深めていくものですが、
アスペルガー症候群の場合は、偏った情報収集、偏った理解を
促進しがちになります。


 

そこで運動を通じて感覚入力を調整することができます。

 

我慢強く冷静に対処しながら、簡単な行動で、どう対処することが
望まれるのか?体験を通じてインプットさせていくのです。
 


アスペルガー症候群は脳の障害なので、
治すための薬は存在しません。


パニックなどの二次症状が大きく出る場合は、薬で一時的に
和らげることができますが、治療のための薬ではないことを
理解しておきましょう。


 

常に視覚や運動などを通じて、これは良かったよ、これは
良くないよと繰り返し経験をさせていくことが大切で、
一度理解することができれば、拘りが強い症状が手伝って、
約束をしっかりと守ってくれます。

 

一度に沢山のことに取り組むことは苦手なので、教えるなら
1つできるようになってなら、次のステップへと進むように
心がけていくこと。

1つできたら、しっかりと褒めてインプットさせてから、
次の課題に取り組みましょう。

 

じれったく感じてしまうこともありますが、折角覚え始めたことも
パニックになると、また振り出しになる可能性もあります。

養育のアイデアや工夫、ポイントはセンターで相談することが
できますので、親も一緒に成長する位の気持ちで、
腰を取り組み、喜びを共有していきたいものです。