「ダウン症のエコーでわかる事の代表」

 

ダウン症かもしれないと思われるエコー検査でわかる所見として、
首の後ろのふくらみ(浮腫み)や胎児の手足の長さ、体重や大きさ、
又は、心臓の形や働きに問題がないかなどである程度は把握できます。

 

これらのエコーでの検査は妊娠の初期の段階で実施される事が多く、
確定診断とまではいきませんが、ダウン症である可能性を知る事が出来ます。


スポンサードリンク




 

「ダウン症の胎児のエコーで手がグーの形をしているとダウン症?」

 

エコーの写真で赤ちゃんが手をグーにしているとダウン症の
可能性が高くなるという噂があるのをご存知でしょうか?
ダウン症の胎児は手をパーの形にする事が出来ず、グーにしている事が
多いと言われることがありますが、手をグーのまま、

もしくはパーにする事ができない胎児はダウン症ではなく、
他の染色体の異常と診断されることがあります。

 

ダウン症の胎児には発達の遅れは見られることがありますが、
手をグーにしたままでパーにする事が出来ないという障害はありません。

ちなみにお腹の中にいる胎児は新生児と同じように手をグーに
している事が多く、一概に手をグーにしているからと言って
ダウン症や他の染色体の異常があるとは判断しがたい部分と言えます。

 

医師の診察で手をグーにしている事が多いからと言って何かの異常が
あるという診断は可能性を示唆するといった状態なので、
100%の診断ではありません。

 

また、手をグーにしたままの状態が多い胎児がダウン症であるという噂は
本当の様でデマの様な話でもあります。

胎児は基本的に手をグーにしている事が多いので、手をグーパー出来るのは
産まれてからしばらく経過した後からの行動とも言えます。
手をグーにしているからという理由だけで判断されるのでは無いはずなので、
気になれば医師に相談してみて下さい。

「ダウン症の胎児は鼻骨にも影響が出る?」

 

ダウン症と判断するエコーでの診断では鼻骨の形成が
どうなっているのかも診て行く事があります。

妊娠12週の早い時期にダウン症の疑いがある場合に行われることが多く、
特徴としてはこの時点で鼻骨が形成されていないとダウン症の疑いが深まります。


スポンサードリンク




鼻骨の形成不全はダウン症の他にも他の疾患や障害を抱えている
可能性があるため、少々心配になる要素かもしれません。

 

ただし、鼻骨は太ももや腕等の太い骨とは違い、細く、柔らかく軟骨の様な骨なので、
エコーだけでは鼻骨の形成不全と判断するのはとにかく難しいと言われています。

かなり小さく細かい骨を画像診断するので、エコーを行う施術者によっては
鼻骨の形成が見えないなんて事もあります。

 

「エコーでの診断の正確性」

 

エコーの写真を見たことのある人はよくわかると思いますが、一般人が見た時に、
説明なしではどこが何なのか理解しがたい映像です。

熟練した技術者であっても、正確に映像を読み取る事が難しい事もあります。

 

エコーの機械の精密度や性能、胎児の角度や成長の度合いなどによって
判断するのが難しい場合が多く、エコーの検査でダウン症の疑いがある
所見がいくつか見つかっても、確定診断とまではいかないのが現状です。

 

また、医師からダウン症である可能性を告げられたとしても、
その段階ではまだ、可能性であって、確定診断を求める場合は
他の検査を勧められることもあります。
ダウン症の可能性を知る検査は絶対に行う事ではなく、
任意で行われるものなので、行うか行わないかは
ご本人の選択に委ねられる形となります。

 

検査には費用がかかりますし、リスクも伴う事があるため、
医師やご家族とよく相談して受ける、受けないを決める事が重要です。

 

エコー検査はエコーの機械の性能で左右されやすい、また、胎児の向きなどでも
違いが出るため、参考までに行われる検査と認識した方が良いかもしれません。