障害年金とは、病気やけがによって一定以上の障害を
負った人に対して支給される公的年金です。

国民年金法や厚生年金法に基づき、制度が定められています。
障害年金には、主に、障害基礎年金と障害厚生年金があります。

 

障害を負う原因となったケガや病気の初診日が、国民年金に
加入している期間にあれば障害基礎年金を、厚生年金法に
加入している期間にあれば障害厚生年金を申請・受給することになります。


スポンサードリンク




障害年金の金額は、以下の通りです。

 

【障害年金の等級と金額】

 

★障害基礎年金

 

・1級…年額97万5100円
・2級…年額78万100円
※障害基礎年金は、2級までしかありません。

 

★障害厚生年金

 

・1級…報酬比例の年金額×1.25
・2級…報酬比例の年金額
・3級…報酬比例の年金額、
もしくは最低保証額(年額58万5100円)のどちらか高い方

 

・障害手当金(一時金)…障害厚生年金3級の最低保証額の2倍(117万200円)、
もしくは障害厚生年金の額の算式より計算した額の2倍のどちらか高い方

以上が、障害の等級と年金額です。ここでいう障害等級は、
手帳の等級とは異なる基準で判断されているため、注意が必要です。

年金受給の対象となる精神障害とその等級の認定基準は以下の通りです。

 

【統合失調症、統合失調症型障害、妄想性障害、気分(感情)障害】

 

★1級

 

・統合失調症では、重い残遺状態もしくは重い病状があり、
人格の変化や思考障害が著しく、その他妄想や幻覚といった
異常な体験が著しく、常に援助が必要な状態

 

・気分(感情)障害では、重度の気分・意欲・行動の障害や
思考障害が出る時期があり、それが長く続いたり、
頻繁に繰り返すため、常に援助が必要な状態

 

★2級

 

・統合失調症では、残遺状態もしくは病状があり、
人格の変化や思考障害、その他妄想や幻覚といった
異常な体験があり、日常生活が著しく制限されている状態

・気分(感情)障害では、気分・意欲・行動の障害・思考障害が
出る時期があり、それが続いたり頻繁に繰り返すため、
日常生活が著しく制限されている状態


スポンサードリンク




 

★3級

 

・統合失調症では、残遺状態もしくは病状があり、人格の変化の
程度は激しくはないが、思考障害やその他妄想・幻覚などの
異常体験があり、労働が制限されている状態

 

・気分(感情)障害では、気分・意欲・行動の障害・思考障害が出る時期があり、
病状は強くはないが、それが持続したり繰り返すため、労働が制限を受けている状態

 

【症状性を含む器質性精神障害】

器質障害が原因となって起こる精神障害、全身疾患が原因の中枢神経障害などに
よって起きる症状性の精神障害が対象です。アルコールや薬などによる精神や
行動の障害も含まれます。

 

★1級

認知障害や人格変化の程度が重く、その他の高度な精神神経症状が著しく、常に援助が必要な状態

 

★2級

認知障害や人格変化、その他の精神神経症状が激しく、日常生活に大きな制限がある状態

 

★3級

・認知障害や人格変化は激しくはないが、その他の精神神経症状によって、労働が制限される状態
・認知障害のため、労働が大きく制限される状態

 

★障害手当金

認知障害があるため、労働が制限されている状態

 

【てんかん】

 

★1級

十分な治療を受けているにもかかわらず、てんかん性の発作の
AもしくはBが月に1回以上あって、常に炎上が必要な状態

 

★2級

十分な治療を受けているにもかかわらず、てんかん性の発作の
AもしくはBが年に2回以上ある、またはCもしくはDが月に1回以上ある状態で、
日常生活が著しく制限されている状態

参照:精神障害の種類と原因!診断チェック

参照:精神障害手帳取得のメリット!等級1級2級3級

参照:アスペルガー有名人

★3級

十分な治療を受けているにもかかわらず、てんかん性の発作のAもしくは
Bが年に2回未満ある、またはCもしくはDが月に1回未満あるため、労働が制限される状態
※てんかん性の発作
・A…意識障害があって、状況にそぐわない行動をする発作
・B…意識障害があるかないかにかかわらず、転倒する発作
・C…意識を失って行動が止まるが倒れない発作
・D…意識障害はないが、随意運動ができなくなる発作

 

【知的障害】

 

★1級

食事や身の回りのことをするのに全面的に介助が必要であり、
なおかつ会話での意思疎通ができないため、日常生活が困難で常に介助が必要な状態

 

★2級

 

食事や身の回りのことなど、基本的な動作に介助が必要であり、
なおかつ会話による意思疎通が簡単なものしかできないため、日常生活に介助が必要な状態

 

★3級

労働が大きく制限される状態

 

【発達障害】

自閉症、アスペルガー症候群、その他の広汎性発達障害、
LD,ADHDその他これらの仲間である脳機能の障害

 

★1級

社会性やコミュニケーション能力が欠如していて、なおかつ
激しい不適応行動があるため、日常生活が困難で常に援助が必要な状態

 

★2級

社会性やコミュニケーション能力が乏しく、なおかつ不適応行動があり、
日常生活に援助が必要な状態

 

★3級

社会性やコミュニケーション能力が不十分で、
なおかつ社会行動に問題がみられるため、労働が大きく制限される状態

 

※人格障害、神経症、自律神経失調症、抑うつ状態は基本的に認定対象外です。