アスペルガー症候群とは、生まれつきの脳の機能障害で、
自閉症の一種です。

自閉症の一種とはいえ、言葉の発達の遅れがみられないため、
一見自閉症には見えません。

 

アスペルガー症候群は、1944年、ハンス・アスペルガーという
医師によってその存在が報告されました。

その後、国際情勢の影響などにより、彼の報告は陰に隠れてしまいましたが、
1981年、ローナ・ウイングによって報告が評価され、
「アスペルガー症候群」として知られるようになりました。


スポンサードリンク





アメリカ精神医学会の定める診断基準、DSM-Ⅳでも診断名として採用され、
その認識が広がりました。

 

最新版のDSM-5では、自閉症とその周辺の障害をまとめた
「自閉症スペクトラム障害」という診断名が採用され、
アスペルガー症候群はその中に吸収され、診断名からは消えました。

アスペルガー症候群も自閉症の一種ですから、
自閉症と同じ3つ組の特性を抱えています。

 

【アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラム障害の3つ組の特性】

 
① 社会性の障害…
ほかの人といるときに、どのようにふるまうかという能力の障害

 
② コミュニケーションの障害…自分の思いをどう伝えるか、
相手の言いたいことをどう理解するかという能力の障害

 
③ 想像力の障害…こだわりに関係する。

 
自分の決めた手順通りにしないと怒ったり、予定が変更されることを嫌う
アスペルガー症候群の場合、言葉の発達に遅れはなく、流ちょうに話せるため、
一見コミュニケーションの障害があるようには見えません。

 

しかし、よくよく観察してみると、話しているほどに理解していなかったり、
人の発言をうまく聞き取れず理解できていないなど、
コミュニケーションの障害があることがわかります。

では、アスペルガー症候群の大人には、どのように接したらよいのでしょうか。
 

【アスペルガー症候群の大人への接し方】

 
★遠回しな表現は理解しにくいので、物事はストレートに伝えてください。
 
「このくらいのこと、言わなくてもわかるだろう」は厳禁です。

なぜなら、アスペルガー症候群の人の感覚は、
健常者とは異なっていることが多いからです。

 
★直接人に言ってはいけないこと、人を傷つけてしまうことを
平気で口にしてしまうことがあります。
 
小さな子どもの発言と同じで、悪意はありません。

ですから、「嫌な人」と思わず、
 
「それは言ってはいけないことです。相手は○○という風に思って、傷つきます」
など、丁寧に教えてください。

アスペルガー症候群の人はそのようにして、
「こういう状況の時はこういう風にふるまう」と一つずつ学習する必要があるのです。


スポンサードリンク




 
★臨機応変や突然の変更が苦手で、パニックになります。
 
「適当にやっておいて」とか「その辺は臨機応変に」などとあいまいな指示では、
混乱してしまいます。

仕事など、やるべきことはできるだけマニュアル化してください。

 
★指示は1つずつ出してください。
 
2つ以上の指示を出されると、混乱します。

同時並行で作業ができない特性によるものです。

電話をしながらメモを取るなどの行動が苦手です。
そういった特性には、配慮が必要です。

 
★指示された以外のことを、「気をまわして」できないことが多いです。
 
また、本人は気をまわしたつもりが、かえってトラブルを招いてしまうこともあります。
そういった事態を避けるためにも、指示は明確にしてください。

 
★一人でいることを好むタイプには、
無理に世間話や雑談を振らないようにしてください。
 
とてもストレスになります。本人が話したがっているときは、仲間に入れてください。

 
★忘れやすい特性を持っている人には、メモを取らせるようにしましょう。
 
ただし、メモを取っている間は、少し話すのを待ってください。

聞きながら書くという同時作業が苦手です。

指示はメモ書きして渡す、メールで指示を出すという方法もあります。

 
★叱るときは、怒鳴ったり大声を出したりしないでください。
 
パニックになって、言われていることがわからなくなります。

また、否定的な言葉を使われると、自信を無くし悪循環に陥ります。

「○○してはダメ!」ではなく、「○○するとうまくいくよ」という風に伝えてください。
 
★適していない仕事を、無理やりさせないことも大事です。
 
部署移動など、本人のストレスが少しでも減るような配属にする必要があります。

 
★アスペルガー症候群の人は疲れやすい特性があるため、体調を崩しやすいです。
 
「気のせいだ」とか「甘えだ」と言わず、適度に休憩を取らせるなど調整してください。

参照:アスペルガー症候群の診断を受けるメリット・デメリット

参照:アスペルガー症候群は顔に特徴が出る?

以上は、対応方法のごく一部です。

 

同じアスペルガー症候群であっても、個々にその特性は違っています。

当事者の困りごとに合わせて、臨機応変な対応をお願いします。