アスペルガー症候群とは、自閉症の一種で、生まれつきの脳の機能障害です。

「アスペルガー症候群」という言葉が有名になってきましたが、
正しい理解はまだあまり広がっておらず、誤解や偏見が多いのが事実です。


 

アスペルガー症候群は、1944年、ハンス・アスペルガーによって
その存在が報告されましたが、国際事情などの影響により、
その報告は長らく忘れられていました。

しかし、1981年、自閉症研究で有名なローナ・ウイングによって評価され、
再び脚光を浴びました。


スポンサードリンク




「アスペルガー症候群」が診断名として採用されましたが、
最近では自閉症とその周辺の障害をひとまとめにした
「自閉症スペクトラム障害」という診断名が採用され、
アスペルガー症候群はその中に吸収されました。

 
アスペルガー症候群は、自閉症の一種でありながら、
言葉の遅れを伴わないので、一見自閉症には見えません。

そのため、障害を抱えていることに気づかれにくいことが多いです。

 

しかし、アスペルガー症候群も自閉症の一種ですから、
「社会性の障害」「コミュニケーションの障害」
「イマジネーションの障害」の3つ組の特性を持っています。
 

【アスペルガー症候群の子どもに見られる3つ組の特性】

 

★社会性の障害

 
・親を認識していないようだ
・親を目で追わなかったり、親を必要としていないように見える
・親の顔色や様子を窺うそぶりがない
・人と目が合わない、合いにくい、どこか遠くを見ているようだ

・微笑みかけても反応しない
・他の子どもに興味がないようだ
・人を物のように扱う

・人とかかわりたがらない、あるいはかかわりたがるが
距離感がうまくつかめず、トラブルを起こす
・集団行動が苦手
・感情表現が少ない

 

★コミュニケーションの障害

 
・なんとなくコミュニケーションが取れていない気がする
・やたら格式ばった、大人のような話し方をする
・自分の気持ちがうまく表現できず、かんしゃくを起こす
・話しているほどには理解していない

 
・話し方が変、イントネーションがおかしい、方言を話さない
・アイコンタクトやボディランゲージが少ない
・会話のキャッチボールが成り立たない
・皮肉や冗談が通じない

 

★イマジネーションの障害

 
・くるくる回るもの、キラキラ光るものをずっと見つめている
・こだわりが極端に強い
・同じことをずっと繰り返している
・いつもと違うことに混乱して、パニックになる
・ごっこ遊びが苦手

 
・行動がパターン化されている
・目の前で手をひらひらしたりして、眺めている
・自分の想像の世界に浸って一人で遊んでいる
・一つのことに没頭して、邪魔をされると怒る
・興味のあることは知識をため込み、「博士」と呼ばれることがある



スポンサードリンク




以上が、3つ組の特性です。これら以外にも、アスペルガー症候群の
子どもには以下のような特徴がみられることがあります。


 
・おとなしすぎる、あるいは手がかかりすぎる
・触られるのを極端に嫌がる、抱っこされるのも嫌がる
・少しの物音で目を覚ます、小さな音にびっくりして泣く
・特定の音を嫌がり、パニックを起こす
・食べ物の好き嫌いが激しい
・混乱してかんしゃくを起こしたり、フリーズすることがある


 
・納得できないことは頑として受け付けない
・ダジャレが好き
・不器用
・同時に2つ以上のことをするのが苦手
・衝動性が強い
・記憶力がよい

 
これらの特徴があるからといって、必ずしもアスペルガー症候群であるとは言えません。

小さい子どもの成長過程において、一時的にみられる行動も含まれているからです。

しかし、あまりにも長期間続いたり、生活に支障をきたすようであれば、
一度専門家に相談しましょう。

 

これらの特性がある場合、一度「サリーとアン」の
問題を解かせてみてもいいかもしれません。

対象年齢以上であれば、問題がに正解するかしないかで、
心の発達度合いがある程度わかります。

 

インターネットでもその問題は公開されています。


ただし、それが解けなかったからといって、すぐアスペルガー症候群だと
診断がつくわけではありません。

 

あくまで、指標だということを忘れないよう、お願いします。

参照:アスペルガー症候群の無料診断チェックテスト

参照:アスペルガー症候群の治療法

上記の特徴は、あくまでごく一部の例であり、
これに当てはまらない場合も多々あります。

 

子どもの成長において、なにかしら引っ掛かりを感じるのであれば、
まずは児童相談所や保健所の発達相談コーナーに相談しましょう。

必要であれば、専門家につないでくれます。