アスペルガー症候群とは、自閉症の一種で、
生まれつきの脳の機能障害です。

アスペルガー症候群は、ハンス・アスペルガーという医師が、
1944年にその存在を報告しました。

 

しかし、当時の交際情勢などの影響により、
長らくその存在は忘れられていました。


スポンサードリンク




1981年、自閉症研究で有名なローナ・ウイングによって
その報告が再評価され、「アスペルガー症候群」として有名になりました。

 

アメリカ精神医学会の定める診断基準、DSM-Ⅳでは診断名として
採用されましたが、改訂版のDSM-5ではその診断名は削除され、
「自閉症スペクトラム障害」に統一されました。

 

アスペルガー症候群の女性の特徴や診断方法ですが、
基本的に男性であれ女性であれ、特徴や診断方法は変わりません。

アスペルガー症候群も自閉症の仲間ですから、
自閉症と同じ「3つ組」と呼ばれる特性を持っています。
 

【アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラム障害の3つ組の特性】

 

① 社会性の障害


 

ほかの人といるときにどのようにふるまうか、という能力の障害です。

 

・視線が合わない、無理に合わせようとするとそらす、あるいは失礼なほど目を見つめる
・そばに人がいても、まるで誰もいないかのようにふるまう
・他人に興味がない
・他人に興味があっても、かかわり方が適切ではない
・上下関係がわからず、目上の人に敬語を使うことができない

 

など
 

② コミュニケーションの障害


 

自分の思いをどう伝えるか、相手の言いたいことをどう理解するか、という能力の障害
です。アスペルガー症候群の場合、言葉の遅れはなく、流ちょうに話せるため、
一見コミュニケーションの障害があるようには見えません。

しかし、よく観察すると、コミュニケーションに困難を抱えていることがわかります。


 

・言葉の使い方が変
・妙に格式ばった話し方をする
・やたら難しい言葉を使う
・話しているほどに理解をしていない

 

・ジェスチャーやアイコンタクトが少ない、理解しにくい
・表情が乏しい
・空気が読めない
・冗談や皮肉が通じない
など

 

③ イマジネーションの障害


 

こだわりなどに関する特性です。
・貧乏ゆすりをするなど、常同運動がある
・一つのことに熱中し、ずっと同じことを繰り返すなど、興味の偏りがある
・特定のものに執着する
・いつも同じであることにこだわり、変化を嫌う
など


 


アスペルガー症候群の男女比は、9:1ともいわれ、
圧倒的に男性が多いとされています。

 


しかし、最近は、男女差はそこまでないという意見もあります。

女性はもともと男性よりも社交性が発達しており、
アスペルガー症候群と診断されにくいのではないかと考えられています。

 

筆者も女性のアスペルガー症候群であり、知り合いにも
アスペルガー症候群の女性が数人います。

ですから、9:1といわれるほど少ないという実感はありません。

アスペルガー症候群の女性には、男性とは違った悩みがあります。

 

【アスペルガー症候群の女性に見られる特徴】

 

・ガールズトークが苦手
・おしゃべり好きな場合も。マシンガントークで人に口を挟ませないタイプもいる
・拒食や過食など、摂食障害になりやすい
・ファッションは地味なことが多い。あるいは自分の気に入ったタイプの服ばかりを着る
・お化粧が苦手な人も多い
・非常に幼く見える

 


スポンサードリンク




・男性よりは、比較的、社会性もコミュニケーションも良好なことが多いが、
女性の集団の中での人間関係が難しい

・体調不良を起こしやすい。月経など、ホルモンバランスの影響で、
気分障害が出やすい。PMS(月経前症候群)が強く出ることがある

 


・料理のとりわけなど、女性に気遣いを求める環境に適応できない。
気が利かないと叱責されがち

・アスペルガー症候群の診断を受けるきっかけは、
人間関係が難しかったというパターンが多い

参照:島崎遥香は発達障害?

参照:アスペルガー症候群を告白した有名人
以上が、アスペルガー症候群の女性に多く見られる特徴です。

女性の人間関係は、男性の人間関係とは違った独特なものがあります。


 

それについていけず、浮いてしまうことが多々あります。

また、アスペルガー症候群の女性では、月経周期でうつ状態に陥ったり、
パニックが引き起こされたりします。

それが男性とは違った辛さです。

 


その時期にパニックがひどくなる人も、
筆者が見ている範囲では多いように思います。

アスペルガー症候群自体は治療できませんが、PMSや気分障害、
摂食障害などは治療できます。辛いときは、きちんと主治医に相談しましょう。


 

アスペルガー症候群の診断は、精神科や心療内科にて行われます。

診断では、成育歴の聴取や、現在の困りごとなどを話しますので、
ある程度まとめていくとスムーズに診察が進みます。
場合によっては、知能テストを受けることもあります。