「アスペルガー症候群」という言葉を、よく耳にするようになりました。

その名前が有名になるにつれ、子どものうちに、
アスペルガー症候群と診断される子も、増えてきています。
アスペルガー症候群とは、発達障害の一つです。

自閉症の仲間の障害で、生まれつきの脳の機能障害です。


スポンサードリンク




「症候群」とついていますが、病気ではなく、一生治ることのない障害です。
アスペルガー症候群は、ハンス・アスペルガーという医師によって、
1944年にその存在が報告されました。

しかし、長らくその報告は忘れ去られ、1981年、自閉症研究の第一人者、
ローナ・ウイングによって再評価されました。
アメリカ精神医学会の定める診断基準、DSM-Ⅳにおいても、
「アスペルガー症候群」という診断名が採用されることとなりました。

しかし、最近改定されたDSM-5では、アスペルガー症候群は
「自閉症スペクトラム障害」に吸収され、その名称は削除されました。

【自閉症スペクトラム障害にまとめられた障害】

・自閉症(古典的自閉症、カナータイプの自閉症)
・高機能自閉症(知的障害のない自閉症)
・アスペルガー症候群
・広汎性発達障害
・高機能広汎性発達障害
・特定不能の広汎性発達障害
自閉症スペクトラム障害に統一されるまで、アスペルガー症候群には
単独の定義がありましが、それには、2種類の解釈が存在していました。
①主にヨーロッパでの解釈…自閉症と同じく、
「社会性の障害」「コミュニケーションの障害」「イマジネーションの障害」を持つ

② 主に日本・アメリカでの解釈、国際基準…認知や言語発達の遅れはない。
コミュニケーション障害はない、社会性の障害とイマジネーションの障害がある。

① の定義では、知的障害の有無は問われません。

②の定義では、知的障害がないことも、
アスペルガー症候群の定義として含まれていることになります。

 

さて、アスペルガー症候群の子どもの習い事は何がいいか、
ということですが、ここでは、主に日本で解釈されている
「アスペルガー症候群」についてお話ししましょう。


スポンサードリンク




つまり知的障害がないことを前提としてお話しします。

アスペルガー症候群を抱えているからといって、この習い事はダメ、
この習い事は向いている、ということは基本的にはありません。
本人がやりたいことであれば、何でもやらせるのがいいでしょう。

アスペルガー症候群の特性として、
好きなことはとことん追求するというものがあります。

そのため、好きなことにはとんでもない記憶力を発揮したり、
才能を発揮することがあります。
その特性は、有効に利用すべきです。
親が「これは子どもには向いていない」と判断したとしても、
本人が楽しんでその習い事をしているなら、辞めさせる必要はありません。

努力が無駄になると思われるかもしれませんが、どんな努力も、
無駄になることは決してありません。
その習い事自体では能力を発揮しなくても、まったく別の分野で、
その努力の成果が出ることもあるからです。

その分野で挫折してしまっても、
それは「挫折することもある」という勉強にもなります。
挫折したとき、どう向き合うのか、そのよい訓練となるでしょう。

ただし、自己肯定感を下げてしまわないよう、注意が必要です。

また、本人に向いていそうなことでも、本人に興味のない場合は
無理に習わせるのはやめましょう。
「無理にやらされた」という感覚だけが尾を引き、向いているかも
しれないことでも、嫌になってしまうことがあります。

「自分が納得できないことには取り組めない」というのも、
アスペルガー症候群の特性です。
「あれをやっても、これをやっても、芽が出ない」とか、
「長続きしない」という場合もあるかもしれません。

それなら、もう何もさせないでおこうと考えてしまうこともあるでしょう。

しかし、それはまだ、本人に向いている習い事に
出会っていないだけかもしれません。
挑戦していない分野で、思わぬ力を発揮することもあります。

少しかじっては辞め、ということを繰り返しても、いろんなことに挑戦し、
可能性を探しているのだと考えてもよいのではないでしょうか。

参照:島崎遥香は発達障害?

参照:アスペルガー症候群を告白した有名人
ただ、勝敗にこだわったりするという特性がある場合、
勝敗が絡む習い事は少しハードルが高いかもしれません。

しかし、逆にそれを利用し、「勝敗にこだわる」という特性を
軽減する対応を考え、自分の気持ちをコントロールする訓練を行うこともできます。
一人一人の特性の強さ、能力によって、習い事の向き不向きも変わってきます。

それは、健常の子でも同じです。本人が楽しんでできること、
一生懸命になれることを、一緒に探してあげましょう。