アスペルガー症候群とは、生まれつきの脳の機能障害です。

「症候群」とついているので、病気と思われがちですが、
そうではなく、あくまで生まれつきの「障害」であるため、治療法はありません。
アスペルガー症候群は、1944年にハンス・アスペルガーという医師によって
その存在が報告されました。


スポンサードリンク




その後、1981年にローナ・ウイングという自閉症研究の第一人者に
よってその報告が注目され、「アスペルガー症候群」として有名になりました。
アメリカ精神医学会の定める診断基準、DSM-Ⅳでもその診断名が
取り上げられましたが、最近改定され、DSM-5では
「自閉症スペクトラム障害」という障害名に統一されました。

スペクトラムとは「連続体」という意味で、自閉の濃度は重度の自閉症者から
健常者までひとつながりであり、細かく区分することはできないという考え方です。
自閉症スペクトラム障害では、
今まで以下のように呼ばれていた障害が吸収・統一されました。

★自閉症(古典的自閉症、カナータイプの自閉症)
★高機能自閉症
★アスペルガー症候群
★広汎性発達障害
★高機能広汎性発達障害
★特定不能の広汎性発達障害
アスペルガー症候群も自閉症スペクトラム障害に含まれるので、
その定義は自閉症の「3つ組」の特性があること、となります。

 

【自閉症スペクトラム障害における3つ組の特性】

 

① 社会性の障害…他人に対してどうふるまうかという、対人関係の障害
② コミュニケーションの障害…自分の思いを伝えたり、他人の思いをくみ取る能力の障害
③ イマジネーションの障害…ごっこ遊びが苦手だったり、こだわりが強いという特性
アスペルガー症候群に該当する場合、言葉の発達に遅れはなく、
流ちょうに話せるため、一見コミュニケーションの障害を抱えているようには見えません。

しかし、よくよく観察してみると、話しているほどには理解していなかったり、
変に格式ばった難しい話し方をしたり、自分の思いをうまく言葉にして
表現できないなど、コミュニケーション上の困難を抱えていることがわかります。
アスペルガー症候群は生まれつきの障害であり、
完全に「治る」という治療法はありません。

しかし、療育やSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)などの訓練を受けることで、
社会生活における困難を少なくすることは可能です。


スポンサードリンク




療育では、保育園のような場所で、子どもの社会性の訓練をします。

また、子どもにどのように接するのがよいかという、ペアレントトレーニングも行われます。

SSTでは、「この状況の時は、○○という行動をする」「この状況の時は、
○○という風に発言する」など、社会のルールや暗黙の了解、常識を学び、
取るべき行動を学びます。

SSTは子どもだけでなく、大人にも有効です。

ただし、ある程度の年齢までしか効果がないという意見もあります
(35歳限界説)。
アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラム障害の人は、
健常者が自然に身につける社会性やコミュニケーション能力を、
自然に学ぶということができません。

そのため、訓練によって身につける必要があります。

自閉症スペクトラム障害には「オキシトシン」が効く、といった報告もありますが、
まだ、二次障害が少なく、知的障害のない男性のみの治験の段階であり、
実際の効果に関しては不明な部分も多々あるようです。

海外では、副作用の報告が出ているという話もあります。

アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラム障害の人は、
ストレス耐性が弱く、ストレスを抱えやすいといわれています。

そのため、ストレスコントロールを学ぶ必要があります。

また、ストレスに弱いため、二次障害を抱えていることが多いです。
二次障害の治療は、主に薬で行われます。
★うつ病…抗うつ剤
★興奮や攻撃性…向精神薬
★不機嫌、興奮、パニックなどの気分の波…安定剤
★不眠…睡眠薬
少しでもストレスを減らすため、周囲との摩擦を減らすために、
SSTなどの訓練が必要となります。

最終的には、自分に適した環境を、自分で用意できるようになること、
自分で周囲に理解を求めること、自分で自分を支援できるように
なることが目標となります。
アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラム障害は、
一生抱えて生きていく「特性」です。

参照:自閉症スペクトラム障害の治療

参照:自閉症の特徴2歳のクレーン現象とは?
ですから、ある程度社会と折り合いをつけ、そのうえで自分らしく
生きていける道を模索していくしかありません。

残念ながら、アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラム障害に関しては、
まだまだ未知の領域であり、原因も治療法もよくわかっていないのが現状です。

参照:島崎遥香は発達障害?

参照:アスペルガー症候群を告白した有名人

 
当事者が様々な工夫をし、それを発信しています。

そういったものを手掛かりに、自分が生きやすくなる方法を、
仲間とともに手探りで見つけていきましょう。