アスペルガー症候群とは、自閉症の一種で、生まれつきの脳の機能障害です。

「症候群」とついていますが、病気ではなく障害ですので、
一生その特性が治ることはありません。

 

アスペルガー症候群は、1944年、ハンス・アスペルガーという医師に
よってその存在が報告されました。

 


スポンサードリンク




しかし、当時の国際情勢などの影響により、長らくその存在は忘れ去られていました。

1981年、ローナ・ウイングという自閉症研究の第一人者により、
アスペルガーの論文が再評価され、「アスペルガー症候群」として有名になりました。

 

アメリカ精神医学会の定める診断基準、DSM-Ⅳにも「アスペルガー症候群」
としてその定義が定められていましたが、最近発表されたDSM-5では
「自閉症スペクトラム障害」という概念が採用され、アスペルガー症候群の
診断名は削除、自閉症スペクトラム障害に吸収されました。

 

 

【自閉症スペクトラム障害に吸収された障害】

 

・自閉症(古典的自閉症、カナータイプの自閉症)
・高機能自閉症
・アスペルガー症候群
・広汎性発達障害
・高機能広汎性発達障害
・特定不能の広汎性発達障害
アスペルガー症候群も自閉症スペクトラム障害に含まれますので、
その特性は自閉症スペクトラム障害と同じで、「3つ組」の特性を持ち合わせています。

 

【自閉症スペクトラム障害の3つ組の特性】

 

① 社会性の障害…ほかの人といるとき、どのようにふるまうかなど、対人関係の障害
② コミュニケーションの障害…自分の思いを伝える能力、相手の言いたいことを理解する能力の障害
③ イマジネーションの障害…変化に弱い、こだわりが強いといった特性がある
以上が、アスペルガー症候群の特性です。
さて、アスペルガー症候群の診断を受けるメリット、デメリットに関してですが、いくつかあります。

 

【メリット】

・人と違う、何かおかしい、と感じていた自分の正体がわかる
・特性に応じた対処法を知ることができる
・他人と違っていても仕方がないと、安心する
・ストレスをためない方法を知ることができる
・診断がついたことで、ほかにも仲間がいることがわかる
・理解ある人にカミングアウトすると、助けになってもらえる
・自分の特性がわかることで、苦手なことや得意なことがわかり、無理をしなくて済む
・適切なサポートにつながる
・薬剤過敏を持ち合わせている場合、それを知ることで、薬の量を調整してもらえる
・自分に合った適切な環境を知ることができる


スポンサードリンク




 

【デメリット】

・診断がつき、どのような特性があるのか知ることで、一時的に特性が強く出る場合がある
・「一生治らない障害」ということで、ショックを受ける
・どんなに頑張っても「普通」にはなれないことを思い知らされる
・障害に対する周囲の誤解や無理解に直面することになり、苦しむ
・自分はダメだと思ってしまう
・偏見にあう

 

アスペルガー症候群の診断に限ったことではなく、
どんなことにもメリットとデメリットは存在します。

多くの人は、最終的には「診断されてよかった」と言います。
私も、そう思っている一人です。

診断を受けてすぐのころは、「人とちがって悩んでいたけれど、
これは障害の特性だったんだ、仕方なかったんだ」と安心します。

しかし、しばらくすると自分が障害を抱えているという事実に対し、
混乱が始まります。

その混乱は、障害の受容の過程では必ず起こるものです。

私の知っている範囲では、障害の受容には、少なくとも1年~2年、
場合によってはもっと時間がかかることもあります。

私自身、受容までには1年半ほどかかりました。

参照:自閉症スペクトラム障害の治療

参照:アスペルガー症候群の遺伝する確率
デメリットも、実際に感じましたが、それらを乗り越えたとき、
あるいは乗り越えようとしたとき、前向きに生きる力が出てくるのも事実です。

今では、診断を受けてよかったと思っています。

診断を受けるか受けないかを決めるのは、あくまで当事者です。

本人が生きるのが辛く、その原因が知りたいという思いが勝れば、
診断を受けるべきだと思います。

また、メリットとデメリットを比較し、メリットのほうが大きいと思うのであれば、
専門家に相談してみるのがよいと思います。

ただし、アスペルガー症候群の可能性があり、病院に行っても、
社会生活を送るうえで特に困難がなければ、診断されないこともあります。

勇気を出して専門家に相談し、アスペルガー症候群の診断を受けても、
人生が終わるわけではありません。

参照:島崎遥香は発達障害?

参照:アスペルガー症候群を告白した有名人

一時的に、混乱することもありますが、多くの人がその道を通っています。

同じ立場の人であれば、理解してくれる人も、たくさんいます。
決して、一人ではありません。診断を受けたことで、たくさんのアスペルガー症候群の
人と知り合え、世界が広がるのもまた、事実です。