アスペルガー症候群とは、発達障害の一種、自閉症の仲間の障害です。

「症候群」とついているため、病気と勘違いされがちですが、それは誤解です。

 

アスペルガー症候群は自閉症と同じく、生まれつきの脳の機能の障害です。
アスペルガー症候群は、1944年、ハンス・アスペルガーという医師によって、
その存在が報告されました。


スポンサードリンク




しかし、当時の国際情勢などの影響により、その発表は長らく注目されることなく、
忘れ去られていました。

 

ところが、1981年、自閉症研究で有名なローナ・ウイングによってその論文が評価され、
「アスペルガー症候群」として有名になりました。

アメリカ精神医学会の定める診断基準、DSM-Ⅳにも、
アスペルガー症候群が記載され、その定義が決められました。
しかし、高機能自閉症と違いがあるのかないのかといった問題や、
アスペルガー症候群の定義の解釈が医師によって異なっている
ことなどが問題となっていました。

新しく発表されたDSM-5では、アスペルガー症候群という診断名は消え、
新しくできた「自閉症スペクトラム障害」に吸収されました。
自閉症スペクトラムとは、重度の自閉症から健常者までつながる、
「自閉の濃度」の連続体として自閉症をとらえる考え方です。

例えば、重度の自閉症は真っ黒、健常者は真っ白、
その間はグレーのグラデーションという風にとらえます。
自閉の濃度は、ここからここまでは重度、ここからここまでは軽度、
といったように、はっきりと区別することができません。

そのため、「自閉症スペクトラム障害」という診断名に統一し、
自閉症とその仲間の障害を一つのものとしてとらえるようになりました。

 

【自閉症スペクトラム障害に吸収された診断名】

 

 

・自閉症
・高機能自閉症
・アスペルガー症候群
・広汎性発達障害
・高機能広汎性発達障害
・特定不能の広汎性発達障害


スポンサードリンク



アスペルガー症候群も自閉症スペクトラム障害ですから、
その特性は自閉症スペクトラム障害と同じで、3つ組の特性を持っています。

 

【アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラム障害の3つ組の特性】

 

① 社会性の障害…他人とのかかわり方の障害
② コミュニケーションの障害…自分の気持ちを伝えたり、相手の気持ちを理解する能力の障害
③ イマジネーションの障害…見立て遊びの障害やこだわりなどの特性
社会性の障害や、コミュニケーションの障害があることによって、
アスペルガー症候群の人の顔つきにちょっとした特徴が出ることがあります。

それは、ダウン症のように明らかにわかる特徴というものではなく、
顔周辺に現れる特徴という意味です。

 

アスペルガー症候群の人は、端正な顔立ちだったり、ほりの深い顔立ちだったり、
賢そうな顔立ちだといわれることもありますが、実際にはそのようなことはあまりないと思います。

では、アスペルガー症候群の人の顔周辺の特徴とは、どういったものでしょうか。

 

【アスペルガー症候群の人の顔周辺の特徴】

 

・目が合わない、合いにくい、あるいは失礼なほど目をじっと見つめる
・能面のように表情があまり変わらない、表情が乏しい
・感情が顔に出ない、どんな時も冷静に見える
・感情が顔にすぐ出てしまう場合もある
・童顔で年齢不詳なことが多い
・笑顔が不自然

など


参照:自閉症の子供の遊びや玩具

参照:高機能自閉症とアスペルガー症候群の違いと特徴!

当事者として感じることは、「笑顔が不自然」ということです。

どうしてもうまく笑顔が作れないのです。

ですから、写真を撮るときも、笑っているつもりなのに一人だけ
怒ったような表情になってしまいます。

どうも、顔の筋肉のコントロールが苦手なようです。

逆に、不自然なほどずっとニコニコしていることもあります。

それは、苦手な社交の場を乗り切るための対策でもあります。

ニコニコしていると、何とかやり過ごせるのです。

それが癖になり、辛くてもニコニコしてしまい、「辛い」ことを伝えられない
という困った状況になってしまうこともあります。

また、目が合わない、合いにくいというのは、人と目が合うと恐怖を感じてしまったり、
話を聞くことができなくなるからです。

話を聞くことができなくなるのは、
同時に2つ以上のことを処理できないという特性に由来します。

参照:島崎遥香は発達障害?

参照:アスペルガー症候群を告白した有名人

 
顔周辺に、ある程度共通の特徴がみられるとはいえ、
アスペルガー症候群の人も人それぞれです。

「にこにこしているから大丈夫」とか、「目が合うから障害じゃない」などと考えず、
本人が3つ組の特性に苦しんでいる場合は、専門家に相談しましょう。