アスペルガー症候群とは、生まれつきの脳の機能の異常により
引き起こされる、発達障害の一種で、自閉症の仲間の障害です。

アスペルガー症候群は、ハンス・アスペルガーによって、
1944年にその存在が報告されました。

 

しかし、国際的な事情などにより、あまり有名にはなりませんでした。


スポンサードリンク




1981年、自閉症研究で有名なローナ・ウイングによってアスペルガーの
論文が再評価され、「アスペルガー症候群」という名前が世に知れることになりました。

 
アスペルガー症候群は、アメリカ精神医学会の定める診断基準、
DSM-Ⅳにも記載され、その存在が認められることとなりました。

 

しかし近年、「自閉症スペクトラム」という概念が広まり、DSM-5では
アスペルガー症候群の名前は削除され、「自閉症スペクトラム障害」に
吸収されることとなりました。

 
自閉症スペクトラムとは、自閉の濃度を、重度の自閉症者から健常者まで
つながる連続体ととらえる考え方です。

今までは、自閉の濃度によって「自閉症」「アスペルガー症候群」
「特定不能の広汎性発達障害」「健常者」などと分けられていましたが、
それらの境界はあいまいで、区別できるものではありませんでした。

 

そのため、すべてが繋がっている連続体であるととらえるのが妥当だろうということで、
自閉症の仲間の障害は「自閉症スペクトラム障害」として統一されました。

 

【自閉症スペクトラム障害に含まれるもの】

 

・自閉症(古典的自閉症、カナータイプの自閉症)
・高機能自閉症(知的障害のない自閉症)
・アスペルガー症候群
・広汎性発達障害(PDD)
・高機能広汎性発達障害(HF-PDD)
・特定不能の広汎性発達障害(PDD-NOS)


 
※高機能自閉症とアスペルガー症候群は、同じであるとも違うともいわれています。


 
幼少期に言葉の遅れがあったかなかったかのみが、これらを分ける基準です。


スポンサードリンク




アスペルガー症候群には、2種類の定義が存在します。

① 主にヨーロッパ…自閉症と同じ、3つ組の障害がある

② 主に日本(国際基準)…認知、言語発達の遅れはない、
コミュニケーションの障害がない、社会性の障害とこだわりがある


 
このように、2種類の定義が存在するため、医師によって「自閉症」と診断したり、
「アスペルガー症候群」と診断したりと、差が出てきてしまいます。

アスペルガー症候群の人には、3つの障害があります。

ここでは、アスペルガー症候群は自閉症スペクトラム障害として扱います。

 

 

【アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム障害)の3つの障害】

 

 

① 社会性の障害…他人とのかかわりの障害
② コミュニケーションの障害…自分の思いを伝えたり、相手の思いを理解する能力の障害
③ イマジネーションの障害…こだわりなど


 
アスペルガー症候群は、男性に多いといわれています。

男女比は9:1とも、4~5:1ともいわれています。

しかし、これら3つの障害は、男女関係なく持っている特性です。


 
ただ、女性はもともと、男性よりも社会性やコミュニケーション能力が高いため、
男性よりも比較的特性が軽くなる傾向があるようです。

そのため、診断されずにいる女性のアスペルガー症候群の人も多くいるという
考え方もあり、男女比はほぼ同じではないかともいわれています。
 
アスペルガー症候群の男性だから、○○という特徴がある、ということはあまりありません。

基本的には、3つの障害の特徴があります。
 
ただし、上記のように、健常者でも男性は女性よりも社会性やコミュニケーション能力が
劣る部分があり、アスペルガー症候群の男性では、女性の当事者に比べて、
社会性の障害とコミュニケーションの障害が強く表れる傾向があります。
 
また、女性に比べ、男性のほうが他人に対して攻撃的になる傾向があるともいわれています。

女性に比べ、少々頑固であるようにも思います。
 
だからといって、アスペルガー症候群の男性がみんな攻撃的であるわけではありません。
誤解のないようにお願いいたします。

参照:自閉症と知的障害の特徴、言葉の違い!

参照:重度の自閉症とは?特徴と原因

アスペルガー症候群の男性のほうが、女性よりも特性を強く持つことが多いのは、
自閉症スペクトラム障害が「極端な男性脳」の状態にあるから、という考え方もあります。
 
男性特有の不器用さや視野の狭さが、より強調されている状態という考え方です。

アスペルガー症候群の女性も、どちらかというと中性的であったり、
男性的な考え方をする人が比較的多いように感じます。

 
男性と女性の脳のつくりの違いと、アスペルガー症候群を含む
自閉症スペクトラム障害との関係は、まだまだ未解明です。

これから研究が進み、自閉症スペクトラム障害のことが解明されることが期待されます。