最近よく耳にするようになった「アスペルガー症候群」という言葉。

耳にはするけれど、よく知らないという方も多いことでしょう。


 
「アスペルガー症候群」とは、発達障害の一つ、自閉症の仲間の障害です。

「症候群」という名前がついているため、「病気」と勘違いされがちですが、
自閉症と同じく、生まれつきの脳の機能障害です。


スポンサードリンク





アスペルガー症候群は、1944年、ハンス・アスペルガーという医師によって、
その存在が発表されました。
 

しかし、国際的な事情などにより、その発表は陰に隠れたままでした。

1981年、自閉症研究で有名なローナ・ウイングによって、
その発表が再評価され、「アスペルガー症候群」として有名になりました。

 
アメリカ精神医学会の制定する診断基準、DSM-Ⅳにも
アスペルガー症候群という障害が明記されました。

しかし、最近新たに発表されたDSM-5では、「自閉症スペクトラム障害」
という項目が新たに追加され、アスペルガー症候群はその中に吸収され、
名称が消えました。

 

【自閉症スペクトラム障害に含まれるもの】

 
従来、以下のように呼ばれていたものが、
自閉症スペクトラム障害としてまとめられました。

 
・自閉症(古典的自閉症、カナータイプの自閉症)
・高機能自閉症(知的障害のない自閉症)
・アスペルガー症候群
・広汎性発達障害
・高機能広汎性発達障害
・特定不能の広汎性発達障害

 
※アスペルガー症候群は、高機能自閉症と同じものと考える場合もあります。
 
自閉症スペクトラム障害という概念は、重度の自閉症から健常者まで、
ひとつながりになる連続体(スペクトラム)であるという考え方です。

自閉の重症度は様々で、ここからここまでは重度、ここからここまでは中度、
ここからは軽度、ここからは健常、ときれいに分けることができません。
 
そのため、「スペクトラム」という考え方が生まれ、それがDSM-5に採用されました。


スポンサードリンク




アスペルガー症候群の定義は、以下の三つの障害があることとされています。


① 社会性の障害…他人とのかかわりに関する障害
② コミュニケーションの障害…思いを伝える能力、相手の言いたいことを理解する能力の障害
③ 想像力と創造性の障害…見立て遊びができない、こだわりが強いなど



 
自閉症スペクトラム障害のなかでも、アスペルガー症候群に該当する場合、
言葉の発達に遅れはなく、流ちょうに話せるので、一見コミュニケーションの
障害はないように見えます。
 
しかし、話し方がくどかったり、あいまいな表現が苦手だったり、
言葉の細部にこだわったり、一方的でわかりにくい話し方をする、
アイコンタクトやジェスチャーが乏しいなど、よく観察すると
コミュニケーションに異常が見られます。
 
アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム障害)の診断は、
精神科や心療内科で行われ、知能検査や行動観察などが行われます。

知能検査では、知的障害の有無や知能の発達のアンバランスさを調べます。

アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラム障害の場合、
知的発達の凸凹が大きく、得意なことと苦手なことに大きな差が出るため、
知能検査の各項目の得点のばらつきが大きくなります。
 
アスペルガー症候群の場合、言語は得点が高いことが多く、
それ以外の分野の不得意が目立つといわれています。

行動観察では、実際に面談を行う中で行動を観察したり、
成育歴の聴取が行われます。
 
アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラム障害の診断は、
主に行動観察と成育歴の聴取によって行われます。

知能検査は、あくまで診断の補助として使われるのです。
 
検査の時に、脳波検査も同時に行われることがあります。

それは、自閉症スペクトラム障害以外の病気や障害を除外するためでもあります。

脳波検査以外に、CT検査、MRI検査が行われることもあります。
 
参照:知的障害子供の特徴と対応

参照:自閉症スペクトラム幼児の特徴


また、自閉症スペクトラム障害の場合、てんかんを合併している確率が
比較的高いといわれています。
 
自閉症児の22.2%あるいは78.9%が脳波異常を持っているともいわれています。

アスペルガー症候群では、約10%がてんかんを合併しているともいわれています。
 
そのため、アスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラム障害の検査をする場合、
脳波検査が行われることがあります。
 

脳波検査でアスペルガー症候群を含む自閉症スペクトラム障害の診断が
できるわけではありませんが、脳波の異常の有無を調べておくことは、
大事なことなのです。