人間は、誰もが様々な性格を持っています。まったく同じ性格の人は、存在しません。


その性格の一部が極端に偏った状態になり、社会生活において
自分や他人を苦しませてしまう状態を、パーソナリティ障害(人格障害)といいます。


 

演技性パーソナリティ障害は、パーソナリティ障害の分類の一つです。


スポンサードリンク




他人の関心や注目を引くことに過剰な関心を持つタイプのパーソナリティ障害で、
他人の関心や注目を求めるあまり、自分を損なったり、
他人からの信用を無くすような行動をしてしまうことがあります。


 

演技性パーソナリティ障害の人は、外見や性的魅力を重要視する傾向があります。

外見や性的魅力こそが、自分の存在価値だと思い込んでしまっているのです。

一時期、「小悪魔」という言葉がはやりましたが、それは演技性パーソナリティ障害の
特徴をうまく言い表しているといわれ、演技性パーソナリティ障害の典型的な
タイプの一つであるともいわれています。
 

演技性パーソナリティ障害の人は、うつや不安障害を抱える人も少なくありません。

もろく傷つきやすい内面を持っていますが、表面上は明るく魅力的にふるまうため、
傷つきやすいことに気づかれにくいのです。

 

しかし、表面上、明るく取り繕ってはいても、傷つきやすい心が
なくなるわけではありませんから、急にふさぎ込んだり、
むなしい気分になったり、不安でたまらなくなったりするのです。


演技性パーソナリティ障害は4000年前からあったともいわれています。

「ヒステリー」というのが一番近い概念であると考えられ、ヒステリーの一部は、
演技性パーソナリティ障害がベースとなっていることがあります。

その場合、人目をひく派手な症状となりやすいと考えられています。



 
演技性パーソナリティ障害の一般人口における有病率は2~3%で、
精神科や心療内科で治療中の患者の中では、有病率は10~15%
になるともいわれています。

男性より女性に多いと考えられています。

 

また、身体化障害や気分障害、アルコールの有害な使用などの症状を伴うことがあります。


治療の予後については、人それぞれだといわれています。

 

【演技性パーソナリティ障害の定義】

 

仰々しく芝居がかった行動、興奮しやすさ、過剰反応などが特徴です。

これらの行動には、他人の注目を集めるという意図が隠されているといわれています。


 
患者は依存的で未熟な場合がおおいと考えられています。

非常に誘惑的であることもあります。



スポンサードリンク




また、長期にわたって深い愛着を維持するのが困難ともいわれています。

 

【演技性パーソナリティ障害チェック】

 
・自分が注目の的になっていないと楽しくない
・自分が話題の中心でないと不機嫌である
・他人が注目してくれないと、かんしゃくを起こす
 

・対人関係において、不適切なほど性的に誘惑的であったり、挑発的な行動が見られる
・感情は薄くて、素早く変化する。気分がコロコロ変わる
・身体的な外見を利用し、絶えず自分に関心を向けさせようとする
・過度に印象的な話し方をするが、話の内容はない
 

・芝居がかった態度をとったり、感情表現を誇張する。感情表現が子どもっぽい
・他人または環境の影響をすぐに受けてしまう
・実際の対人関係よりも、相手と自分は親密だと思い込む
・興奮しやすく、情緒不安定


 
以上の項目は、あくまで演技性パーソナリティ障害の特徴の一部です。

 

参照:アスペルガー症候群の大人の恋愛特徴

参照:軽度発達障害の特徴!幼児と子供と大人

もし気になるようであれば、専門家である精神科や心療内科で相談することをお勧めします。


演技性パーソナリティ障害の原因は、発達早期における対人関係の困難さを、
演技力によって補ってきた経験にあると考えられています。
 

治療は、主に精神療法を用い、
抑うつ状態や身体症状に対しては薬物療法が適用されることもあります。
 

どのタイプのパーソナリティ障害も、自分が生きる上で困難を生み出しがちです。

また、周囲の人を巻き込み、振り回してしまいがちです。


当事者も周囲の人も、一人で抱え込まず、専門家の力を借りることをお勧めします。