サヴァン症候群とは、知的障害や発達障害、脳機能障害などの
障害を抱える人のうち、ごく特定の分野に限って、天才的な
才能を発揮する人の症状のことを言います。



 
最近では、映画やドラマなどでサヴァン症候群が取り上げられ、
耳にする機会も増えきました。

サヴァン症候群について、はじめて報告があったのは、1887年のことです。


スポンサードリンク




あるイギリス人医師が、知的には普通だが、
膨大な量の本をたった1度読んだだけですべて記憶し、
そのうえそれを逆から順番に読み上げるという、
考えられないような記憶力を持った男性のことを発表しました。


 

その時に、その特別な能力に「イディオ・サヴァン(白痴賢人)」
という名称をつけました。その後、「イディオ(白痴)」という言葉が
適切でないとして、「サヴァン症候群」と改められました。

サヴァン症候群とは、突出した能力を持っているという意味であり、
その告知を受けることは、「診断を受ける」という表現からは
少しずれるかもしれません。

 

医師にサヴァン症候群だといわれた人たちも、
「才能があるね、サヴァンかもしれないね」という表現をされている場合もあり、
「診断」とは言えない場合もあります。


もともと、知的障害や発達障害、脳機能障害を抱えており、
その改善のために診察を受ける中で、告知されることが多いようです。
そもそも、サヴァン症候群の定義もあいまいな部分があります。


 
一応、「重度の精神障害、脳機能障害、知的障害がありながらも、
特定の分野において考えられないような才能を発揮すること」
となってはいますが、どこからどこまでを「考えられないような才能」
とするのかで、範囲が大きく変わってきてしまいます。

 

特に、一部の自閉症スペクトラムの人たちは、サヴァン症候群ではなくても、
大なり小なり、特異な才能を示すことが多いため、どこからをサヴァン症候群
とするかの判断は、非常に難しいのです。


それに対し、アメリカでは、サヴァンまではいかないながらも突出した
能力を持つ人たちを、「ギフテッド」と呼んでいます。

 

神様に特別な才能を与えられた人、という意味です。

自閉症スペクトラム障害などの障害を抱え、ギフト(才能)を持っている
子どもたちは、「2Eキッズ(2重に特別な子)」とか、「3Eキッズ(3重に特別な子)」
と呼ばれ、特殊教育を受ける機会が与えられることもあります。


スポンサードリンク




サヴァン症候群の人には、自閉症スペクトラム障害の人が多いのは
事実ですが、だからといって、「自閉症スペクトラム障害=サヴァン症候群」
ではありません。

 

そのような誤解に苦しんでいる自閉症スペクトラム障害の方々も、大勢います。

 
サヴァン症候群の原因は、まだ特定されていません。一番有力な説は、
大脳の損傷により、通常抑えられている才能が抑制されることなく
発揮されるのではないか、というものです。


サヴァン症候群には、先天性のものと、事故や病気で脳に損傷を
負いサヴァン症候群になった後天性の二種類があります。


病気で脳が損傷を受け、突然才能を開花させることから、
損傷した脳の神経回路に変わり、新たな神経回路が構築され、
特別な能力が出てくるのではないか、ともいわれています。

 


近年、画像診断法が発達し、先天性のサヴァン症候群と、
後天性のサヴァン症候群にある特徴的な共通点が発見されました。

それは、一般的な人は、ある物事を処理するときに、脳の数百、
数千という領域を一度に使っているのに対し、サヴァン症候群の
人は脳のほんの一部の領域だけを使い、ほかの部位の働きを
ブロックしているようだ、というものです。


 


そのため、エネルギーをすべてその部位に使用することができ、
とんでもない能力を発揮するのではないかと考えられはじめています。

参照;軽度の自閉症とは?症状と原因と特徴

参照:赤ちゃんの自閉症特徴!0歳1歳

日常生活を介助なしでは送れないくらいの障害を抱えていたり、
日常生活が困難なほどの記憶障害を抱えていたり、言語障害を
抱えているのに、ある特定の分野では天才的な能力を発揮する。


 

脳というのは、不思議なものです。

まだまだ、わからないことが沢山あります。

今後、もっと研究が進み、脳と才能の謎が解き明かされることが、楽しみですね。