てんかんとは、脳の病気や損傷など、様々な原因によって、
失神やけいれん、体のぴくつきなどの発作が起こる、
脳の慢性的な疾患です。

 

人間の体は、脳内で微量の電気信号がやり取りされることで、
コントロールされています。

その電気信号が乱れ、発作を繰り返すのがてんかんです。


スポンサードリンク




てんかんの発症率は、人口の0.5~1%と言われており、
さほど珍しい病気ではありません。

 

3歳以下での発症が大半を占め、次に多いのが18歳までの
思春期ころの発症だといわれています。

しかし最近では、高齢化に伴い、脳血管障害や神経の病変によって、
てんかんを発症する高齢者が増えています。

 

てんかんには、脳の病気や損傷など原因がはっきりしている
「症候性」のもの、原因ははっきりとはわからないが、脳の病気や
損傷が疑われる「潜因性」のもの、原因不明で脳の体質によると
考えられる「特発性」の3種類のタイプがあります。

 

また、脳の全体が電気の嵐に巻き込まれる「全般発作」と、
脳の一部が電気の嵐に巻き込まれる「部分発作」という分け方もあります。

高齢者のてんかんは、大部分が症候性、つまり脳の病気や
損傷が原因です。大まかに、原因をまとめます。

 

【高齢者のてんかんの原因】

 

★脳血管障害によるもの

 
脳出血、くも膜下出血、脳こうそく、頭部外傷、脳腫瘍、
脳炎、脳症などが原因で大脳に傷がついたり、腫瘍や
出血で脳が圧迫されることでてんかん発作が起こります。

 

脳こうそくや脳出血は、65歳以上でてんかん発作を起こす
危険性があります。

たとえ大きな損傷を受けていなくても、
てんかんを発症する確率は50~75%であるといわれています。
 

★神経変性疾患

 
アルツハイマー病などの、神経系の病気でてんかんを発症します。

この場合、「側頭葉てんかん」が多いといわれています。
高齢者のてんかんの特徴としては、「複雑部分発作」が多い、
ということが挙げられます。

 

複雑部分発作では、けいれんがなく(あるいは目立たない)
意識障害が多いことから、ほかの病気と誤診されやすいといわれています。

部分発作であっても、全般発作に見えるような二次全般化
(脳の一部で起きた電気の嵐が、脳の全体に広がっていくこと)
発作を起こすこともあります。

 

高齢者のてんかんでは、単純部分発作

(意識が保たれている発作。身体感覚の症状や視覚症状、
聴覚症状や運動症状、精神症状、自律神経症状など、
発作の震源地によって症状は異なる)

 


スポンサードリンク




と複雑部分発作
(意識を失い、口をもぐもぐさせたり、衣服をまさぐったり、
歩き回ったりという「自動症」がでることがある)が多く、
特に一日に何度も発作が起こる複雑部分発作が多いといわれています。

 

ただ、高齢者の複雑部分発作の場合、けいれんを伴わず、
自動症も目立ちにくく、前兆も少ないという特徴があり、
通常は数分から数時間でおさまる発作後のもうろう状態が
数時間続くという特徴もあります。

 


部分発作のタイプとしては、側頭葉てんかんが一番多く(全体の約7割)、
次に多いのが前頭葉てんかん(約1割)だといわれています。

 

【側頭葉てんかん】

 
自動症(意識がないまま動く)のが特徴。

・口をもぐもぐする、歩き回る、衣服をまさぐる

・動きが止まる

・腹痛や吐き気、嘔吐、発汗、頭痛などの自律神経症状

・記憶や言語の障害

・デジャヴ、フラッシュバック、恐怖感などの精神症状

 

といった症状が出ます。

 
高齢者のてんかんのでは、若いころに発病し寛解していた発作が
再発したり、中年期以降に特発性の部分てんかんを発症し、
治らずに高齢期に入ってしまうパターンもあります。

 

これらの場合、全般強直間代発作、ミオクロニー発作、
非けいれん性もうろう状態などの症状が出ます。

また、幻覚があることもあります。
高齢者のてんかんでは、認知症と誤認されることがあります。

 

適切な治療を受けるためには、てんかん以外の病気との鑑別が必要です。

参照:小児てんかんは完治できる?発作頻度

参照:小児てんかんと発達障害は合併する?

島崎遥香はアスペルガー?

 

【てんかんと認知症の違い】

 
以下のような症状があれば、てんかんの可能性があります。

・状態が良いとき、悪いときの差が激しい

・記憶のないときとある時が混在する

・意識が数分間途切れることがある

・自動症がある

・睡眠中にけいれんがある

 
上記の症状は、てんかんの可能性を示唆していますが、

認知症のタイプによってはこれらの症状が出ることもあります。

 

そのため、神経内科や脳神経外科、精神科などで、
専門家にしっかり診断をしてもらう必要があります。

高齢者のてんかんは、薬が効きやすいといわれています。
おかしいなと思ったら、まずは専門家に相談しましょう。